このHPは、他の一般の方が開設しているHPとは異なり、ひどい慢性頭痛で悩んでいる患者の会のHPです。ですので、決して、いい加減な曖昧な情報を流してはいけない、といつも最大の注意をはらっております。私たち友の会は、情報収集にも全力を尽くしております。慢性頭痛の治療はもちろんの事、どのような医療機関へ受診すれば良いか、なども含めてすべてです。

ですので、確固とした根拠、証拠、論文の無い治療法は、私自身、決して試してみるつもりはありませんし、決して掲載もいたしません。

また、健康食品、整体、カイロプラクティック、超能力など、いわゆる民間療法、代替療法の宣伝は、お断りいたします。慢性頭痛の治療に関し、すべての方の頭痛が治る、あるいは必ず良くなる、という治療法は、全く1つもありません。当然、あらゆる薬もすべて同じです。
逆に、「頭痛が治る、あるいは必ず良くなる。」 と宣伝している治療は、詐欺に近い治療と考えております。どのような民間療法、代替療法でも、10人治療すれば、1人位は、ある程度は良くなります。しかし他の9人は高いお金を払わされ、結局全く良くならず、泣き寝入りしているのです。100人治療して10人くらい、ある程度、少し良くなれば、その10人の治療経験として、大々的に宣伝します。こうやって頭痛に悩み、苦しむ患者を集め、商売にし、お金を儲けているのです。こういう私たちも、いわゆる民間療法、代替療法に多額の金額を注ぎ込み、騙されてきました。

2000年、米国頭痛協会、米国神経学アカデミーが片頭痛治療のガイドラインを発表しました。米国頭痛協会は、全米頭痛財団、米国神経学会、米国頭痛学会、米国整骨医協会、米国家庭医学会、米国救急医学会、米国内科専門医学会、米国内科学会より構成されています。このガイドラインは、今までに発表されたあらゆる文献、論文を検討し作成されました。これによると、片頭痛の治療に関し、行動療法の有効性についてですが、

「弛緩法、弛緩法と熱バイオフィードバックの組み合わせ、筋電図バイオフィードバック、認知、行動療法などは、片頭痛の予防に多少有効である。しかし特定の行動療法が、他の行動療法と同じ、またはそれ以上の効果がある、との結論を出すことはできない。鍼治療の有効性については根拠が混乱している。催眠療法、経皮的電気神経刺激、頚部手技、咬合調節、高圧酸素などについては、予防法あるいは急性期治療法としての根拠はほとんど得られなかった。」 という結論です(Neurology、Medical Tribuneより)。


また、参考ながら、東洋医学系の医療資格(国家資格)は、「鍼師」 「灸師」 「あんま・マッサージ指圧師」 「柔道整復師」 の4つです。すべて国家試験に合格し、厚生労働大臣の免許を取らないと従事できません。「整体」 「カイロプラクティック」 は、あくまでも民間療法の1つで、公的資格ではありません。

健康保険(医療費の3割負担、1割負担など)は医療機関以外では限られた場合しか使えません。
【整骨院・接骨院(柔道整復師)の場合】 保険が使えるのは、急性の外傷性の打撲、捻挫と、医師の同意のある骨折・脱臼(応急手当は同意不要)に対する施術だけ
です。
【はり、きゅうの場合】 保険が使えるのは、医師の同意書を得た、神経痛、リュウマチ、頸腕症候群、五十肩、腰痛症、頸椎捻挫後遺症に対する施術で、慢性的な疼痛がある場合だけです。
【あんま・マッサージの場合】 保険が使えるのは、医師の同意書等を得た筋麻痺・関節拘縮に対する施術です
つまり、
整骨院・接骨院(柔道整復師)の場合、慢性頭痛、肩こりは保険が使えず、自費となります。
医師以外でマッサージを商売にできるのは、あんま・マッサージだけですが、はり、きゅう、あんま・マッサージの場合保険が使えるのは、医師の同意等を得た上記の病気のみとなります。

マッサージ、クイックマッサージ、リフレクソロジーで、慢性頭痛や肩こりを治療して、保険証を見せるように言われたら、おかしい、不正請求・法律違反の可能性が高い
、ということになります。
皆様、十分に気をつけてください。


あと1つ、私の主治医の先生から、だいぶ前に届いたメールを掲載させてください。

医師と患者の関係は、相性があり、相性が大きな意味を持ちます。どんなに名医で専門医であっても、相性が合わなければ、それまでです。慢性頭痛の治療は、実はプラセボ効果(飴玉でも、医師が「大変良い薬ですよ。頭痛が絶対良くなります。」 と言えば、ある程度、少しのみは効果がある)が、なんと20%以上もある、と言われています。つまり、どんなに無茶苦茶な、いい加減な治療をしても、その医師と相性が良く、信頼できれば、なんと20%以上の人は、慢性頭痛が、ある程度は、少しのみは改善するのです(決して治ることは、ありえません)。逆に言えば、80%の方は、しっかり高いお金だけ取られ、全く良くならず、悲しい思いをするだけなのです。決して、「絶対に頭痛が治る、良くなる。」という言葉に騙されないで下さい。

しつこいようですが、繰り返します。
決して、「絶対に頭痛が治る、良くなる。」という言葉に騙されないで下さい。特に慢性緊張型頭痛について、です。「絶対に頭痛が治る、良くなる。」という治療は、詐欺に近い治療である、と断言いたします。慢性頭痛の治療は、治療前に100%ひどかった頭痛を、30%まで良くするのが目標です。そのために、慢性頭痛専門の先生は努力されています。