頭痛ダイアリー


12月20日(土)
今日は大変寒いですね。関西でも雪がまっています。私の住んでいる所は、積もるほどではありませんが、寒いです。どうしてもいっぱい服を着るので肩が凝って、頭も痛くなりそうな気もします。でもまた思い切って、トリプタノールを止めてみようと思います。いつまで続くか分かりませんが。



12月13日(土)
トリプタノールを飲んでいます。実に良く寝れます。熟睡しています。でも緊張型頭痛は、まだあまり変化はありません。痛み止めも、この1週間はいつも通り、2日間使いました。



12月6日(土)
大変辛い1週間でした。痛み止めは、1日しか使っていません。緊張型頭痛がひどくなってしまったのです。最初の2日間は何とかテルネリンだけで頑張っていたのですが、ひどい頭全体の締め付けで2日間、ほとんど眠れず、しばらく飲んでいなかったトリプタノールを3日目から飲み始めました。おかげで眠れるようにはなりましたが、まだまだひどい緊張型頭痛が続いています。原因はストレスかな? と思うのですが、よく分かりません。



11月29日(土)
不思議です。またこの1週間も、痛み止めをを全く使いませんでした。信じられないような心境です。最近、忙し過ぎるためかもしれません。でも頭が重いのは、もちろん毎日です。



11月22日(土)
この1週間はなぜか全く痛み止めを使っていません。先週はひどかったのに不思議なものです。でもこのような事を書いていると、来週はまたひどくなっては嫌なので、あまり書かないでおきます。



11月15日(土)
先週のような事を書いていると、またダメです。かなり頻回に痛み止めを使ってしまいました。今週は計4日間、その間に坐薬50mgは計3回使いました。飲み薬も4日間、最大限以上に飲んでしまいました。やはり右目のあたりが、うずきます。これを放っておくと、段々ととんでもない事になります。それが分かっているので、4日間、最大限を超え、痛み止めを使ってしまいました。その他の日も、もちろん毎日頭が重いです。
おそらく仕事が無ければ、仕事を適当に完全に手を抜いて良ければ、こんなに痛み止めを使わなくても大丈夫だったかな、と思います。でも仕事をしないといけませんので、仕方がありません。職場の理解、というのはやはり難しいでしょうね。私自身、自分の家族に対しても、私の頭痛のそぶりなど、まず殆ど見せません(薬を飲む姿を決して見せない、坐薬もこっそり入れる。また私が頭が痛くて不機嫌にしていると、家の中が暗くなりますので)。ましてや職場の同僚も全く知らない、完全に知っているのは、友の会の会長の秋山さんだけ・・・。このような事を書いていると、私にしては珍しく、何かとても弱気に悲しくなってきました。
この前、秋山さんから届いたメールを思い出しました。そのメールの中に、「長い間、頭痛で虐げられた人生を送ってこられた方は、頼る相手が欲しいのだと思います。」 という文章がありました。私もこの頭痛が無ければ、完全に違った人生になっていた、あきらめてはいるけれども、相変わらず頭痛で虐げられた人生を送っています。頼る相手は確かに欲しい、とは思いますが、決して私にメールは送らないで下さいね。返信はいたしません、と言うより出来ません。返信しないといけない、という精神的・時間的なプレッシャーで、さらに私の頭痛がひどくなりますので。



11月8日(土)
今週は、いつものまずまずのペースに戻りました。痛み止めは、1週間に2日間だけです。でも痛い日は、1日に、めいっぱい使っています。主治医の先生のいつも言われる、「痛みを抑えるお薬は、1ヶ月に8日間以内、1週間に2日間以内に抑えるように。」 を守れました。



11月1日(土)
今週はさっぱりでした。結局、日・月・火・木と痛み止めを飲み、昨日も右目が何となくうずき、坐薬をいれました。さっぱりの1週間でした。でももうしばらく、トリプタノールは頑張って飲まないで様子を見てみようかな、と思っています。



10月26日(日)
昨日は、結構痛かったです。段々ひどくなり、夜に坐薬50mgを入れ、その後ついでに風邪薬を2回飲み、寝ました。おかげで今日は少し余韻がありますが、まずまずです。トリプタノールは、相変わらず飲んでいません。
しかし私は、必ずと言ってよいほど、右目の周りがうずき出します。片側です。この時になるべく早く、強力に痛み止めを使い、その後、思いっ切り右目の周りを押さえたりします。これで、ひどくならずにすみます。もしこの時、何もしなければどの位悲惨な事になるのか、この数年は恐ろしくて試した事がありません。やはり、吐き気も出てきて、寝込んで、とんでもない事になるのでしょうね。でも私自身は、これが片頭痛なのか、緊張型頭痛の最悪のものなのか、未だに良く分からないのです。こじれ過ぎてしまっているためでしょうか。


10月19日(日)
昨日、慢性緊張型頭痛の交流会が、和気あいあいと盛会に行なわれたようです。ひどい慢性緊張型頭痛の友人からメールが届きました。
参加者は25人くらいで、家族の方がそのうち7人だったそうです。30代から70半ばまでの方々で、日常生活の支障度がやはり大変大きいみたいです。新規発症持続性連日性頭痛の方も、4人来ておられたそうです。
とても盛会で、いつも脇役の緊張型頭痛の方が主役で何でも言えて、楽しかった、と言っていました。



10月11日(土)
最近はトリプタノールは飲んでいません。ずっと長い間、トリプタノール10mgを5錠から6錠、毎日飲んでいたのですが、まあまあなので思い切って止めてみました。止めて2〜3週間くらいになるでしょうか。トリプタノールは、習慣性、依存性が全く無く、一気に止めても大丈夫、とのことで一気に止めました。飲まなくても今のところ、大丈夫です。痛み止めは、1週間に2日間くらいです。
その代わり、こんなものが効くの? と以前は思っていたテルネリンを結構飲んでいます。1日に飲む数としては、なかなかHPに書き込みにくいほどの数を飲んでいます。まあ1日に9錠までは大丈夫、との事です。ただし、頭痛では1日に3錠しか保険が通らないようですが。



10月5日(日)
今月の18日に東京、浅草で交流会を開催いたします。緊張型頭痛の方から、片頭痛ばかり優先するという不満がありますので、今度の交流会は、主に緊張型頭痛と、緊張型頭痛を含む混合型のタイプの方を対象に開催いたします。30代、40代の方で、強度の緊張型頭痛の方も参加されます。皆様、よろしければ御参加下さい。
実際、世の中、どんなに頭痛に関する報道、講演会など増えても、ほとんど片頭痛に関するものばかりです。片頭痛には、トリプタンという大変良いお薬が使えるようになりましたが、慢性緊張型頭痛、新規発症持続性連日性頭痛の特効薬が出る、という話は全く聞きません。慢性緊張型頭痛、新規発症持続性連日性頭痛の治療は、「ストレス、肩こりを避けましょう。筋肉をほぐす薬、安定剤を使って下さい。」 ばかりです。
私自身、片頭痛ばかり、では決してありませんので、「いつもいつも片頭痛の事ばかり。」 という思いは、正直あります。



9月28日(日)
第4番目のトリプタン系薬剤、マクサルトが発売されました。でも一般の調剤薬局で買えるようになるのは、10月6日(月)から、ということです。ですから、10月5日までにマクサルトを希望しても、薬局はもちろん、問屋さんにも置いていないので、結局やはり10月6日(月)以降になるようです。少しややこしいですが。
1錠の値段は、イミグラン、ゾーミッグ、レルパックスと同じくらいで、一番の違いは、マクサルトは片頭痛の予防薬であるインデラルと併用しては絶対にいけない、という事です。

あと、すごく大切な事を教えてもらいました。国際頭痛学会による頭痛の診断基準が改訂されたそうです。片頭痛、緊張型頭痛、群発頭痛など、主なところは特に変わりは無いそうですが、慢性片頭痛(Chronic migraine)と、新規発症持続性連日性頭痛(New daily persistent headache)が、新しい病名として加わりました。

また、薬剤(痛みを抑えるお薬)の過剰使用による頭痛の基準が厳しくなりました。今までの診断基準より、鎮痛剤、トリプタン系薬剤(イミグラン、ゾーミッグ、レルパックス、マクサルト)、エルゴタミン製剤(カフェルゴット、クリアミンAなど)を服用する量が少なくても、
その副作用により頭痛が悪くなる事が、はっきりと記載されています。

その診断基準を掲載させていただきます。
主治医の先生に感謝いたします(主治医の先生は、本当に使いやすい診断基準になった、と改訂を喜んでおられました)。内容はすべて、国際頭痛学会のHPよりの、引用です。また、日本語訳は、今は主治医の先生が勝手に(?)訳しているもの(主治医の先生、すみません)、という事で、正しい日本語の病名は、後日、日本頭痛学会より発表されます、とのことです。

慢性片頭痛 Chronic migraine
A. 頭痛は以下の a, b を満たし、1ヶ月に15日間以上、3ヶ月以上続く。
  薬剤の過剰使用は無い。

   a. 頭痛は次の2項目以上
     1. 片側性
     2. 拍動性
     3. 中等度から高度の頭痛
     4. 歩いたり、階段を上がったりといった日常的な活動で頭痛が悪化する
   b. 次の1項目以上
     1. 吐き気 かつ/または 嘔吐
     2. 光過敏 および 音過敏

B. 他の疾患により起こるものでは無い。

新規発症持続性連日性頭痛 New daily persistent headache
A.頭痛は 3ヶ月以上続き、B-Dを満たす。
B.頭痛は急に発症し(3日以内)、その後ずっと毎日のように続く。
C.次の 1〜4の2項目以上を満たす。
   
1.両側性
   2.押さえられる/締め付けられる(拍動性ではない)頭痛
   3.軽度から中等度の頭痛
   4.歩いたり、階段を上がったりなどの日常的な活動で悪化しない

D.1、2の両方を満たす。
   
1.光過敏、音過敏、又は軽度の吐き気のうちの、1項目まで。
   2.中等度、高度の吐き気や嘔吐を伴わない。

E.他の疾患により起こるものでは無い。


薬剤の過剰使用による頭痛 Medication-overuse headache

トリプタン系薬剤の過剰使用による頭痛 Triptan-overuse headache
A.頭痛は1ヶ月に15日間以上。
次の1〜5 の1項目以上と C、D を満たす。
  
1.主に片側性
   2.拍動性の頭痛
   3.中等度から高度の頭痛
   4.歩いたり、階段を上がったりなどの日常的な活動で悪化する
   5.次の少なくとも 1項目以上
     a) 吐き気 および/または 嘔吐  b) 光過敏と音過敏

B.トリプタンを1ヶ月に 10日間以上、3ヶ月以上服用。
C.トリプタンの過剰服用により、頭痛の頻度が増加する。
D.トリプタンを中止し、2ヶ月以内に元来の頭痛のパターンに戻る。

Comment: Triptan overuse may increase migraine frequency to that of chronic migraine. Evidence suggests that this occurs sooner with triptan-overuse than with ergotamine-overuse.
トリプタンの過剰使用は、片頭痛の頻度を 慢性片頭痛の頻度に増加させる。 これはエルゴタミンの過剰使用より、 短期間で起こる。


鎮痛剤の過剰使用による頭痛 Analgesic-overuse headache

A.頭痛は1ヶ月 に15日間以上。
次の1〜3の1項目以上と C、D を満たす。
   
1.両側性
   2.押さえられる/締め付けられる(拍動性ではない)頭痛
   3.軽度から中等度の頭痛

B.鎮痛剤を 1ヶ月に15日間以上、3ヶ月以上服用。
C.鎮痛剤の過剰服用により、頭痛は悪化する。
D.鎮痛剤を中止し、2ヶ月以内にの元来の頭痛のパターンに戻る。

エルゴタミンの過剰使用による頭痛 Ergotamine-overuse headache
A.頭痛は1ヶ月に15日間以上。
次の1〜3の1項目以上と C、D を満たす
   
1.両側性
   2.押さえられる/締め付けられる頭痛
   3.軽度から中等度の頭痛

B.エルゴタミン製剤を1ヶ月に10日間以上、3ヶ月以上服用
C.エルゴタミン製剤の過剰服用により、頭痛は悪化する。
D.エルゴタミン製剤を中止し、2ヶ月以内に元来の頭痛のパターンに戻る。


薬剤の離脱に伴う頭痛 Headache attributed to substance withdrawal 

カフェインの離脱による頭痛 Caffeine-withdrawal headache

A.両側性 かつ/または拍動性の頭痛で C、D を満たす。
B.カフェインを1日に200mg以上、2週間以上摂取し、急に中止。
C.頭痛は最後のカフェイン摂取後、24時間以内に出現し、100mg のカフェイン摂取後、1時間以内に改善する。
D.頭痛はカフェインを完全に中止し、7日以内に消失する。


9月17日(水)
連休には、海と山に行ってきました(仕事があった方、weekend headache で寝込んでいた方、ごめんなさい)。海での収穫はさっぱりでした。小さな魚が2匹だけ。山は、自宅の近くの山に行き(田舎に住んでいることが、読者の皆様に、はっきり分かってしまいますが)、川で遊んでいるうちに、カニを発見しました。最初のカニには激しく抵抗され、私の手から血が出たくらいに、ひどくはさまれ結局捕まえられなかったので、意地になってカニをつかまえました。結局6匹も捕まえてしまいました。
さあ家に帰ろうとしてから、カニを意地になって捕まえすぎた反動でしょうか、おでこがガンガンと痛み出し、痛み止めを持っていなかったので、あわてて家に帰り、すぐボルタレンを2錠飲みました。今回の頭痛はボルタレン2錠で、簡単に治まってしまいました。今回のは、間違いなく片頭痛でしょう。現在私の自宅には、カニはもちろん、かめ、カブトムシ、おたまじゃくしなど、生き物がいっぱいになってきました。


9月10日(水)
何と10万アクセスを超えてしまいました。皆様に感謝いたします。私がこのHPを引き継いでから、2年半経ちました。あちらこちらからの反響の大きさに驚いています。
会長の秋山さんによると、「関西は講演会など開いても、なぜか大変集まりが悪い。どうしてでしょうか?」 など聞かれたこともありましたが、確かに関西の方からの反響は少ないようです。関西にひどい頭痛もちの方が少ないはずは無いわけで、実際私の主治医の先生のところは大変な数のようですし、関西人は我慢強いのでしょうか? 頭痛を診てくれる先生が、関東と比べると極端に少なく、仕方が無いとあきらめているのでしょうか? よく分かりません。
2年半の間にいろいろありましたが、誠に申し訳ありませんが、「掲示板」 を再開する予定は、ありません。このまま、のんびりと長い目で行こうと思っています。今気になっている事と言えば、WHAのページでしょうか。こちらの更新が全くできておりません。お許し下さい。


9月3日(水)
残暑です。関西は暑いです。このような時に、外で仕事をしたら、すぐ頭がガンガンしてくるでしょうね、と思いながら、室内で仕事をしています。幸い、私の職場は冷房が充分ですので、昼の暑さが良く分からず、夜、家に帰る時になって外に出ると、「うわーっ、こんなにむしむしと暑いんだ。」 とびっくりしています。恵まれた環境で仕事をさせていただいています。



8月29日(金)
残暑が続きますね。残暑といっても、これが普通の夏でしょうか。4番目のトリプタン、マクサルトの発売が9月の終わり頃になるそうです。普通の錠剤と、口の中で溶けるタイプの2種類が発売されるそうです。ありがたい事です。
ただ、マクサルトは他のトリプタン系のお薬(イミグラン、ゾーミッグ、レルパックス)と違い、外国と同じ用量で発売されるそうです。また、片頭痛の予防薬、インデラルと一緒に使ってはいけないそうです(薬の血中濃度が高くなり過ぎるそうです)。でもいずれにしても、4剤目のトリプタンの発売が間近で、うれしい事です。



8月20日(水)
お盆が過ぎ、ここ関西はまた暑くなってきました。でもトリプタノールのおかげで、良く寝ています。毎日水色の10mgを、5錠から6錠です。夕方、2錠飲み、寝る1時間くらい前に3錠か、4錠飲んでいます。飲んでしばらくすると、舌の先が少ししびれます。私は7錠は多過ぎてだめですね。次の日、眠くてしかたありません。



8月13日(水)
台風が関西を直撃しましたが、私の所は自転車がこけたくらいでしょうか、特に被害はありませんでした。巨大な低気圧で、片頭痛がひどかった方も多いと思います。私は運のいいことに、気圧の変化と頭痛は全く関係がありません。台風の後は、夏真っ盛りですっが、今年は例年より涼しくて、ほっとしています。暑いとあたまがガンガンしてくるものですから。



8月6日(水)
暑さで疲れがでたのか、日曜日の夕方頃から痛み出し、坐薬を入れました。次の日も朝、起きたらやばい感じで、また坐薬を入れました。今回は良く効きすぎて、体温が下がったのか、体が眠く、気だるく仕事に行きました。職場についた頃には、頭痛も気だるさも消えていました。


7月30日(水)
困った事に、世界頭痛連盟(World Headache Alliance)のページが全く更新されていません。このHPの中で、大変重要なページと思っているのですが、仕事などに大変忙しく、時間的に余裕がありません。お許し下さい。


7月23日(水)
リザトリプタン(マクサルト)の輸入の認可がおりたそうです。発売は2ヶ月くらい先? だそうです。日本では、4番目のトリプタン系薬剤になります。飲み薬と口の中で溶けるタイプと2種類だそうです。ゾーミッグと同じような感じですね。飲み薬と口の中で溶けるタイプですから。でも口の中で溶けるタイプは、どんな味がするのでしょうか。ゾーミッグはオレンジ味でしたが。
次々と新しいトリプタン系の薬が使えるようになり、片頭痛、群発頭痛の方には、ありがたいことです。私は、片頭痛と緊張型頭痛がごっちゃになり、よく分からない状態となっていますが、また発売されたら、一度試しで使ってみようと思います。


7月16日(水)
イミグランの点鼻液はかなり苦いようですね。片頭痛の友人は、「私は、あの苦さはだめだなあ。」 と言っていました。早く効くのは早く効くそうですが、その後苦味が残り、それが少し辛い、というか不満のようです。群発頭痛の友人は、「あれは早く効いてすばらしい。もうこれからは、とにかく点鼻液を使う。」 と言っていました。やはり、人それぞれのようです。


7月9日(水)
水色のトリプタノールを、毎晩5錠から6錠(50〜60mg)飲んでいます。おかげで毎日熟睡しています(もともとは頭が痛くて、あまり寝れなかったのですが)。でも6錠飲むと、次の日の朝、しばらく頭がボーっとしています。だから、どうしても明日は仕事が忙しい、など分かっていて、絶対寝たい時のみに、6錠飲んでいます。テルネリンも飲んでいるので、口がよく渇きます。でもおかげで、坐薬は時々使うだけです。仕事も問題なく出来ます。このHPも運営できます。



7月2日(水)
今流行の、血液をサラサラにする、血小板凝集能をおさえて、慢性頭痛、めまいを良くする、という治療を、主治医の先生に無理を言って試してみました(読者の皆様には、内緒にしていて、ごめんなさい)。2ヶ月間、アスピリンの少量を飲み続けましたが、全く変化がありません。どこが慢性頭痛、めまいが治るんだ、馬鹿にするな、という気持ちになりました。
この事をこの前、主治医の先生を受診した時に話したら、「いや、ある程度は効くと思うよ。症状の軽い人なら。でもそんな事は慢性頭痛専門の先生なら、みんな知っている事だよ。実際、ある程度の効果がある事は、前から海外で報告されていることだし。」 と言われました。
でもアスピリンを飲んでいると、歯医者さんで治療するのも制限されるそうですし、歯を抜いたりするしばらく前から、アスピリンを止めないといけないそうですし、胃カメラをして、組織を取って調べる時も、出血しやすいから、なかなか検査をしてくれないようです。


6月26日(土)
関西は蒸し暑いです。月曜日は台風が直撃し、関西も大変でした。片頭痛がひどくなった方が多いのではないでしょうか。私は幸い天気とはあまり関係ないようです。天気が下り坂でも頭痛はあまりひどくなりません。
最近結構、便秘がするので思い切ってトリプタノールを止めてみました。また結果は報告いたします。


6月12日(土)
こんなに暖かいのに今週は、ひどく風邪をひいてしまいました。以前でしたら風邪をひくと頭痛がとんでもない事になっていたのですが、最近はましです。坐薬も使わずにすみました。トリプタノールが1日4〜5錠です。良く寝れます。


5月29日(土)
またトリプタノールを始めています。今は10mgを1日に3錠から4錠です。夕方に1錠飲んで、寝る1時間位前に2〜3錠飲んでいます。おかげでぐっすり寝ています。頭痛もまあまあですね。坐薬も5月は1回使っただけです。痛み止めの飲み薬は1週間に2日間くらいです。頭が痛くて、仕事に差し支える事はほとんどありません。


5月15日(土)
5月10日、月曜日の朝、NHKに会長の秋山さんがテレビ出演をされました。恥ずかしながら、私は朝バタバタしており、おまけに録画するのをうっかり忘れてしまい内容が全く分かりません。番組終了後、NHKには何百件というメールとファックスが入ったそうです。大変な反響だったそうです。でも秋山さんは番組終了後、予想通り頭痛がひどくなって大変だったようですが。


5月1日(土)
5月23日に吹田で関西交流会が開かれます。皆様、よろしければいらして下さい。私は最近ずっと日曜日は仕事なので行けるかどうか。休みをとって、ぜひとも行きたいのですが。


4月17日(土)
忙しいですね。最近何ヶ月か、ずっと私は日曜日が仕事で困ったものです。このホームページの更新のペースが鈍ってしまいました。この忙しさにもかかわらず私の頭痛は悪くはなっていません。



4月4日(日)
読者の方からメールをいただきました。「周りの理解が無いのですが、どうしたら良いのですか?」
難しい質問ですね。でも以前と比べると、かなり変わってきたのではないでしょうか。しばらく前までは慢性頭痛は、本当に病気ではなかったのですから。やはりイミグラン、ゾーミッグ、その後、レルパックス、マクサルトが発売され、頭痛外来も増えてきたようですし、お医者さんの間に慢性頭痛は治療する病気だ、という意識が徐々に出てきているように思います。これから先、数年で更に変わっていくでしょう。
この全国慢性頭痛友の会も、まだ6年しか経っていません。もともと関東で設立された会で、関西に住んでいる私がこの会を知って入会してから、4年も経っていません。その当時の事を考えると、やはり大きく変わってきているようです。
私もお薬のことは職業柄さすがに詳しいですが、片頭痛の予防薬であるミグシス、テラナスの薬価が上がりました。1.5倍に値上がりし、1錠が35円になりました。3割負担の方で、1日2錠毎日服用するとして、1ヶ月で630円になります。値上がりしたといっても、イミグラン、ゾーミッグ、レルパックス、マクサルトの、保険を使って1錠300円少しよりはかなり値段は安いです。


3月20日(土)
予防薬としてテルネリンのみ飲んでいます。私にはテルネリンがどれくらい効果があるのか、難しいところです。緊張型頭痛がマシになるように飲んでおり、少しは効いていると思うのですが。さすがに2錠まとめて飲むと眠くなりますね。眠れなくて頭が重い時に飲むとちょうどいいようです。
安定剤も完全に止めて3ヶ月近く経ちます。安定剤をいっぱい飲んでいた頃がうそのようです。少なくとも頭痛は決して悪くはなっていません。一体安定剤の効果は何だったのだろう、と思います。いっぱい飲んで、ただ単に癖になって依存して、止めると反動でひどくなる、止めれなかっただけ、です。時々飲むのには良いのでしょうけれど、これではただのタバコ中毒、アルコール中毒と同じですね。安定剤依存症、安定剤中毒です。


3月13日(土)
相変わらずの毎日です。1週間に2日間くらい、痛み止めを目いっぱい飲んでいます。その1日の量が多いですが。安定剤はもちろん全く飲んでいません。これだけは大変嬉しいです。


3月6日(土)
私がこのホームページを引き継いでから、3年経ちました。早いものです。ついこの前のような気がします。おかげさまで、こんなに多くのアクセスをいただきました。びっくりです。ひどい頭痛持ちの方だけが見てくれればいい、このホームページを見て元気を出していただければいい、と思い、地道に長い目で行くつもりだったのですが、反響が大きいです。皆様の御質問になかなか答える事ができず、申し訳ありません。


2月26日(木)
あわただしい毎日です。2月は逃げる、でしょうか。大変な速さで毎日が過ぎていきます。この速さでついでに、あたまいたも過ぎ去って逃げていけば良いのですが。



2月14日(土)
最近徐々に変わってきている、とは思いますが、まだまだ「たかが頭痛くらいで。」 という世間一般の考え方が強いのでしょう。確かに他人から見て、辛そうにしているけれども、障害はなさそうで普通の人だし、何を検査しても異常なく、本人にとっては異常があった方がうれしいのですが、異常があった方が病気として周りの人に分かってもらいやすい、と言って慢性頭痛それだけで直接死ぬ病気ではなく、他人に危害を加えるものでもない。本当に他人、さらに医療機関に分かってもらいにくい病気です。


2月7日(土)
テルネリンのみですね。1週間に2日間くらい、痛み止めを飲みますが、痛いから飲む、のではなく、痛んだら困るから飲むような感じです。


1月31日(土)
最近は、トリプタノールも飲んでいません。テルネリンのみです。このお正月に安定剤を完全に止めた時、その反動で不安症状がひど過ぎて、代わりにトリプタノールを沢山増やして、1日に10錠以上飲んでいました。そのため、ひどい便秘になってしまい、便秘がひど過ぎたので、安定剤を完全に止めてしばらくして、トリプタノールも止めています。今は完全にテルネリンのみです。快調です。


1月24日(土)
うれしい事に安定剤を飲まない日々が続いています。完全に止める事ができました。安定剤を1日に3錠(1年前までは、何とずっと6錠も飲んでいました)飲んでい時は、安定剤が切れてくると頭が痛くなる、そして何かしら不安になってきて、安定剤を飲まないと仕方がなかったのですが、そういうことが無くなりました。1日を通じて気分の変動がかなりあったのですが(安定剤が切れてくると、そわそわしだす)、それが全く無くなりました。うれしいです。あたまいたは、特に大きな変化はありません。


1月17日(土)
もちろん安定剤を全く飲んでいません。うれしいです。もう決して安定剤は飲まないつもりです。


1月10日(土)
このHPを引き継いでから3年近くなりますが、1つだけ皆様に隠していた事があります。実は私は安定剤を沢山、毎日飲んでいたのです。お薬の名前は書けません。影響が大きすぎると思いますので。主治医の先生によると、日本で1番売れている安定剤の1つだそうです。
今の主治医の先生に治療してもらうようになってから、主治医の先生からいつも耳にたこができるほど、言われていました。「あなたはまだ若いのだから、とにかく安定剤を減らしなさい。」と。でもずっと無理でした。安定剤が切れてくると、ひどい頭の重み、痛みがでてくるのです。もちろんなんだか不安にもなります。「安定剤の切れてくる事による副作用だから。」と言われていたのですが、なかなか安定剤を減らせませんでした。いつしか安定剤を最大限を超えて飲むようになり、これはまずいと思い、去年の冬の正月休みに、何とか安定剤を半分の量に減らせました。
でもまだまだこの1年間、朝昼晩と1日3回飲んでいました。そして今回の正月休みに、やっと安定剤を切ることができました。1日おきに、1日3回から2回、1回と減らしていき、そしてやっと0にする事が出来ました。安定剤を飲み始めて15年くらい経って、やっとです。
もちろん始めの24時間、48時間は大変でした。実は私にとって、大変なストレスがあり悩んでいて、「どうせこんな大きなストレスがあるのなら、悩まされているのなら、ついでにこの際思い切って安定剤を止めてしまおう。悩む事は変わりないのだし。」 と思ったわけです。安定剤を完全に止めて、24時間くらい経った頃よりひどい不安症状と頭痛に襲われました。でも何とか我慢し、48時間くらい経ち、ひどい不安がとれてきました。そして完全に止めて、10日くらい経ちます。頭痛はむしろ良い感じです。悪くはなりませんでした。主治医の先生のいつも言われる、「安定剤はすごく依存性が高い。」の意味がはっきり分かりました。
とにかく安定剤を止める事ができ、うれしいです。頭痛はひどくはなりませんでした。むしろましになりました。


1月1日(木)
新年あけましておめでとうございます。皆様、そして私にとって良い1年になりますように。