頭痛ダイアリー
                  


1月20日(日)
早いもので今年ももう20日です。でも私の頭痛は早くは去ってくれず、まだまだロキソニン2錠をしょっちゅう飲んでいます。



1月1日(火)
新年明けましておめでとうございます。今年も宜しくお願い申し上げます。



11月18日(日)
毎日、頭が重いのが続いていますが、これくらいなら仕方ないか、と思っています。


10月21日(日)
この1週間はロキソニン2錠を5日間飲んでいます。でも以前よりは軽い感じですね。



9月30日(日)
インデラルが片頭痛の予防で保険適応になったようです。ミグシス(テラナス)、デパケン、インデラルなど段々と増えてきました。うれしいですね。


9月9日(日)
やっと朝晩は少し涼しくなってきました。少しほっとしています。昨日もまたロキソニン2錠を飲みました。私には痛み止めはロキソニン2錠が一番合っているようです。



8月19日(日)
今年は集中豪雨、天気の変化が多いですね。一気にザーッと雨が降ります。このお盆は頭痛が多く、毎日ロキソニン2錠を飲んでいました。



7月29日(日)
暑いですね。暑すぎて。。。


7月8日(日)
まだ比較的暑さも大したことなく、助かっています。でも梅雨が明けたら、本格的に暑くなるのでしょうね。


6月17日(日)
梅雨に入りました。天気、気温の変化も激しく、片頭痛のひどかった方も多いと思います。でも暑くなると、それはそれで頭ががんがんとしてきますしね。



5月26日(土)
ロキソニン2錠をちょこちょこと飲んでいます。。。頭を左右に振って痛みがひどくなりそうなら、すぐに飲みます。



5月6日(日)
最近は主治医の先生に勧められて漢方薬を試しています。少し良いような気がします。


4月15日(日)
頭が重いのは全く変わりませんが、まあまあの状態が続いています。今年は本当に花粉症は軽くてすんでおります。


3月25日(日)
花粉症が真っ盛りです。私は充分に予防していますので大丈夫です。


3月4日(日)
やっと春らしくなってきました。花粉症のシーズンです。皆様も頭痛がひどくならないように気をつけてください。私は今年はいいようです。


2月12日(日)
寒くて風邪を引いちゃって。だめですね。鼻が痛くて頭痛がひどくなりそうで毎日ロキソニンです。毎日、PL顆粒も飲んでいます。おかげで熱があるのかないのかも良くわかりません。ありそうな気もします。


1月22日(日)
本当に日がたつのは早いですね。ついこの前、正月だったように思うのですが。私はまあまあの状態が続いています。毎日ずっと頭が重いのは変わりませんが、ロキソニンもさほど飲んでいません。この状態が続いてほしいです。



1月1日(日)
新年明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。


12月4日(日)
あまり変わりは無く、毎日頭の重いのが続いていますが、たいしたことは無いようです。普通に生活できていますので。ずっと予防薬も使っていません。しょっちゅうのロキソニンばかりです。



11月13日(日)
ロキソニンを飲む回数が多いですね。今日はぐっとこらえてしばらく我慢したら、飲まずにすみました。



10月22日(土)
日本頭痛学会、社会保険診療報酬支払基金 審査情報提供検討委員会より
以下のお薬の適応外使用における保険診療上の取り扱い拡大が認められたようです。

カルバマゼピン【内服薬】(テグレトール細粒、テグレトール錠) 頭部神経痛、頸部神経痛
インドメタシン【内服薬】(インテバンSP) 片頭痛、筋収縮性頭痛
インドメタシン ファルネシル【内服薬】(インフリーカプセル、インフリーSカプセル) 片頭痛、筋収縮性頭痛
ジクロフェナクナトリウム【内服薬】(ボルタレンSRカプセル、ボルタレン錠) 片頭痛、筋収縮性頭痛
プレドニゾロン【内服薬】 (プレドニゾロン散、プレドニゾロン錠、プレドニン錠) 群発性頭痛
ベラパミル塩酸塩【内服薬】(ワソラン錠) 片頭痛、群発性頭痛

うれしいことです。


10月2日(日)
どうも頭が重いのが続きます。ほんとうにロキソニンばかり飲んでいます。予防薬を始めなくちゃ、と思うのですが、まだ飲んでいません。と言うより、なかなか忙しくて診察に行けないのです。


9月10日(土)
また最近はしょっちゅうロキソニン2錠を飲んでいます。どうもまた早く飲みすぎているようで、飲もうと思ったらまずは深呼吸して5分待つようにしています。



8月21日(日)
デパケンが片頭痛で保険適応となり、予防薬で使っている方も増えてきていること思います。早くトリプタノール、インデラルも頭痛で保険がきちんと通るようになるとうれしいのですが。。。



7月23日(土)
暑い日が続いたり、台風が通り過ぎたりと天気がめまぐるしく変わりましたが、台風のおかげか少し気温が下がり、ほっとしているところです。でもまたこれから暑さがやってくるのでしょうか。


7月2日(土)
6月は暑かったですね。6月というのにあまりに暑すぎて、おかげで毎日のようにロキソニンを飲んでいました。暑すぎて、体が変になってしまいました。ちょっと暑さにも慣れ、気温も下がり、ロキソニンを飲まなくてもすむようになってきました。


6月11日(土)
相変わらず、予防薬は使っていません。痛み止めはしょっちゅうですが。



5月22日(日)
なんだか最近は目が痛いことが多く、よく涙も出ます。何かのアレルギーでしょうか? よく分かりません。特に外に出ると、両目が痛く、ひどいと頭痛も。。。 おかげでロキソニンがしょっちゅうです。


5月1日(日)
4月後半は花粉は減ってきましたが、天候の変化がひどく、暖かかったりひんやりと寒かったり、晴れてるいるかと思えば急に雨が降ってきたり、天気と雨の繰り返しで変なお天気でした。このため片頭痛がひどく起こってしまった方もおられると思います。私も最近はロキソニンを飲む回数が増えていますね。


4月3日(日)
今回の東日本大震災に関しまして、皆様にも数多くの被災された方がいらっしゃることと存じます。心からお悔やみとお見舞いを申し上げます。私も1995年1月17日の阪神・淡路大震災を経験した身として、皆様の辛さは十分に分かっているつもりではいるのですが、なかなかお役に立つことができず、誠に申し訳ありません。


2月20日(日)
ちょっと寒さがましになってきました。となりますと次は花粉症です。私も花粉症がひどいですので、厳重に予防しています。2月にはいってから、予防の薬を使っています。今年は花粉が大変多いようですので心配です。


1月29日(土)
寒い日が続きます。そのためでしょうか、肩が凝って頭が重いのが続きます。


1月1日(土)
あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。



12月11日(土)
てんかんのお薬であるデパケンが、片頭痛の予防で保険が通るようになったようです。てんかんのお薬で、片頭痛の予防効果のあるお薬は他にいくつかあるようですが、日本では今まで全く保険が通らなくて、「てんかん」ということでお薬を出してもらっている方も多いかと思います。ミグシス、テラナス以外の片頭痛の予防薬が増えて、少しほっとしています。


11月14日(日)
やっぱり毎日頭が重いですね。締め付けが続きます。特におでこのあたりが。



10月24日(日)
けっこう頭の重いのが最近ひどく、少し悩んでいます。こんな状態が続いたら困ります。


10月3日(日)
最近はサプリメントを飲んでいます。決して無駄なお金を使わないよう、だまされないように注意しながら、買っています。でもサプリも宣伝がすご過ぎますよね。誇大広告にならないのかしら。


9月12日(日)
ちょっと涼しくなってきました。ほっとしています。ところで、人間には悩み事はつきもので、ストレスを避けようと思っても、なかなか避けれるものではありません。ストレスとうまく付き合っていかないと仕方が無いものと思いますが、皆様いかがお考えでしょうか?


8月22日(日)
今年は本当に暑い日が続きますね。さすがにばてばてです。早く涼しくなってくれないと、体・頭が持ちません。


8月1日(日)
今年は暑いですね。毎年エアコンはつけずに寝ているのですが、さすがに今年はだめです。大変暑いです。時々つけています。暑すぎるといつもながら頭がガンガンとしてきます。それでロキソニン2錠を飲みます。


7月11日(日)
暑くなりました。時にガンガンしそうになり、ロキソニン2錠を飲んでいます。頭が重いのもずっとですが、良かったり悪かったり、前だったり後ろ頭だったり両こめかみだったり、とばらばらです。私としてはましな方なのでしょう。



6月20日(日)
またちょっと花粉症のような、です。雑草?イネ科?が飛んでいるのでしょうか。今年はスギは例年になく問題なかったのですが、そのほかの時期にもちょっとアレルギーが出てきたのでしょうか。



5月30日(日)
ちょっとましになってきました。何とか元通りにならずにすみそうです。


5月8日(土)
ずっと頭が重く、癖になりそうでしたので、とにかく頭のことを考えないように忘れるように努め、何とか踏ん張っています。頭痛がひどいと思い始めると、
頭痛がますますひどくなります。ひどくならないように、ここでくい止めれれば、と思います。


4月18日(日)
この1週間くらい、ちょっと頭が重いですね。寝て目が覚めたら、頭が重く続いています。最近はまずまず調子良かったのですが。


3月28日(日)
このホームページを開いてからまる9年が経ちました。3年前にも同じようなことを書いていますが、まさか9年も続けることが出来るとは思ってもいませんでした。多くの方のアクセスをいただき、本当に感謝しています。



3月7日(日)
花粉が飛んでいます。毎日、アレルギーの点鼻をしていますので大丈夫です。


2月14日(日)
これから段々と花粉が飛び始めるようです。アレルギーの点鼻をはじめました。花粉症は厳重に予防しないと。昨日、ロキソニン2錠、今日も2錠飲みました。


1月24日(日)
トリプタノールを止めて1年近く経つのですね(この頭痛ダイアリーによりますと。恥ずかしながら普段全く記録していないので、よく覚えていなかったのですが)。結構便秘がひどくて、それもあって思い切って止めたのを覚えています。まあトリプタノールの量を減らせば、便秘は問題なかったのでしょうけれど。
頭はずっと重いですが、それほど大したことはなく(年末年始は5日間くらい、ずっとロキソニンを飲んでいましたが)、時々のロキソニンで凌いでいます。坐薬を使うことも全くありません。この何年間か(何十年間か)で一番良いように思います。特に変わったことをしているわけではないのですが、良い状態が続いて欲しいです。


1月1日(金)
新年あけましておめでとうございます。本年も宜しくお願い申し上げます。


12月13日(日)
ぼつぼつです。頭はずっと重いですが、ロキソニンの回数は少なめです。長年の毎日の頭痛で慣れてしまい、頭が重く締め付けられても、「まあいいか。仕方が無いよね。」という感じです。


11月22日(日)
前回、インフルエンザにまだかかっていないと書いていたら、やっぱりかかってしまいました。でも新型インフルエンザかどうかは分かりません。検査では、引っかかりませんでした。もしかしたら、普通の風邪かもしれませんが。熱は出るは、喉は痛いは、それ以上に頭が痛くて。。。頭がガンガンでした。ロキソニンンを毎日2錠を2回は飲み(本当はインフルエンザのときはロキソニンは飲まない方がよいようですが、頭が痛くそんなことを言っておられません。カロナールごときでは、熱は下がっても頭痛には効きません)、悲惨な状態が何日間も続きました。もうまっぴらです、頭痛が辛い。やっと治ってきました。


11月1日(日)
全国で新型インフルエンザが大流行していますが、皆様は大丈夫でしょうか。私は今のところ、かかってはおりませんが、時間の問題のような気がします。これだけはやっていれば、いずれ感染するでしょう。近くの小中学校も学級閉鎖が多いようです。インフルエンザにかかったら、頭痛も相当悲惨なこととなると思うと、インフルエンザより頭痛がひどくなることの方が辛いような。


10月11日(日)
また3連休です。仕事が休みでうれしいです。最近は本当に落ち着いています。でも主治医の先生が、この季節はまた群発頭痛の受診が増えてきた、と言っておられました。


9月19日(土)
5連休ですね。私は特に旅行に行かず、ずっと関西にいます。本当に季節がよくなって過ごしやすい毎日です。頭痛も落ち着いていますが、インフルエンザが流行していますので、かかるとひどい頭痛になるでしょうね。



8月29日(土)
関西もちょっと涼しくなり、ほっとしています。今年の夏は暑い中、頑張って動いていましたので、暑さに慣れたのか以前のように暑いと頭がガンガン、ということは少なかったようです。でもストレスが加わるとズキズキしてきますので、ロキソニンが時々です。


8月8日(土)
今週は日曜日に寝違えて、ずっとロキソニンの毎日でした。首が痛いと、必ず頭が痛くなってきます。日曜日から、夜中に目が覚めると首が痛く、毎日ロキソニン2錠を明け方に飲んでいました。昨日からやっと飲まずにすむようになりました。



7月18日(土)
本当に良い感じです。ロキソニンもほとんど飲んでいません。この頭痛ダイアリーに書くことが無いくらい、順調です。



6月27日(土)
最近は、なるべく運動をするよう努力しています。とりあえずよく歩いています。6月というのに大変暑いですが、頭がガンガンとしてくることもあまり無く、歩いています。あとは、うつ伏せ寝、ですね。



6月6日(土)
最近はやはりましです。ロキソニン2錠を時々くらいです。予防薬は使っていません。この調子が続いてくれると嬉しいのですが。



5月21日(木)
うつ伏せ寝を続けています。胸が押さえつけられるので苦しいような気もするのですが、なぜかよく寝ています。布団に入ってからの頭の押さえつけられる感じが、うつ伏せだとかなりましです。夜中に目が覚めて仰向けに寝ると、頭の重さを大変感じます。私はうつ伏せ寝が合っているのかも。


5月5日(火)
こどもの日ですね。子供の頃からの頭痛もちの方も多いのではないでしょうか。片頭痛が小さい頃から始まって、時々学校を休んだり、保健室でお世話になったり、運動会の後などにがんがん痛くなったり。群発頭痛も案外、小学校の時から始まっていることもあるようですね。


4月18日(土)
相変わらずトリプタノールは飲んでいません。ましといえばましです。花粉症もステロイドの点鼻液のおかげで今年はずいぶんと楽です。変わったことといえば、なるべくうつ伏せで寝るようにしていることくらいでしょうか。うつ伏せで、タオル1枚のみ顔の下に敷いて寝ています。うつ伏せだと確かに寝にくいと思うのですが、なぜか私は熟睡できるようです。仰向けに布団に入ると、おでこやら両方のこめかみやらが重く締め付けを感じて辛く、寝にくいことが多いのですが、うつ伏せだとみなタオル、布団に押し付けられますので、重く辛く感じることが少ないように思います。そのために熟睡できるのでしょうか?よくわかりません。しばらくこのままうつぶせ寝を続けてみようと思います。


4月2日(木)
ロキソニン2錠が増えてきていますね。3日に2日くらいは頭ががんがんしてきそうなので飲んでいます。まあ、しばらくこのままで行こうと思います。ロキソニンを飲んでいれば、仕事など全く大丈夫です。


3月14日(土)
トリプタノールを止めてみて、何とか大丈夫です。痛みは出るのですが、鎮痛剤を飲まずにすんだりで、痛み止めは週に半分くらいでしょうか。毎日痛いことが当たり前ですので、あまりにも頭痛に慣れきっている自分がいます。


3月1日(日)
思い切ってトリプタノールを止めてみました。さてどうなることやら。


2月14日(土)
トリプタノールを寝る少し前に3錠飲んでいます。1錠減らしました。相変わらずよく寝ています。便秘もましになりました。頭痛も今のところは良いようです。ただ最近なぜか肩こりが。。。



2月1日(日)
頭痛は良いですね。トリプタノール4錠のおかげでしょう。本当によく寝れます。でも少し便秘が...。減らしてみようか、どうしようか、迷っています。



1月11日(日)
最近は落ち着いています。水色のトリプタノールを毎日夜4錠飲んでいます。よく寝れます。少し便秘気味です。ロキソニンも時々です。


2009年1月1日(木)
新年、あけましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。新年早々誠に申し訳ありませんが、ドクター紹介のページを終了させていただくことといたしました。ずっと以前より私たちがお世話になっていた先生方を紹介させていただいていたのですが、日本頭痛学会の頭痛専門医の先生方も大変増え、またこのホームページで紹介させていただいている先生方をどういう基準で選んでいるのか、といった声も聞かれ、そろそろ終了する時期と思われ、掲載を終了させていただきました。御了承をよろしくお願い申し上げます。
また新年にふさわしい明るい話題を一つ。片頭痛の次の世代の新しい薬の開発がどんどん進行しているようです。


12月21日(日)
最近良く話題になっていますが、健康保険(医療費の3割負担、1割負担など)は医療機関以外では限られた場合しか使えません。
【整骨院・接骨院(柔道整復師)の場合】 
保険が使えるのは、急性の外傷性の打撲、捻挫と、医師の同意のある骨折・脱臼(応急手当は同意不要)に対する施術だけです。
【はり、きゅうの場合】 
保険が使えるのは、医師の同意書を得た、神経痛、リュウマチ、頸腕症候群、五十肩、腰痛症、頸椎捻挫後遺症に対する施術で、慢性的な疼痛がある場合だけです。
【あんま・マッサージの場合】 
保険が使えるのは、医師の同意書等を得た、筋麻痺・関節拘縮に対する施術です。
つまり、
整骨院・接骨院(柔道整復師)の場合、慢性頭痛、肩こりは保険が使えず、自費となります。
はり、きゅう、あんま・マッサージの場合、保険が使えるのは、医師の同意等を得た上記の病気のみとなります。

医師以外でマッサージを商売にできるのは、あんまマッサージ指圧師だけです。
「整体」 「カイロプラクティック」 は、あくまでも民間療法の1つで、公的資格ではありません。
マッサージ、クイックマッサージ、リフレクソロジーで、慢性頭痛や肩こりを治療して、保険証を見せるように言われたら、おかしい、不正請求・法律違反の可能性が高い、ということになります。
皆様、十分に気をつけてください。


12月7日(日)
風邪も治り、その後は落ち着いています。でも今日は関西も大変寒く、冷たい所から帰って体が温まると血管が広がるのか、頭が痛くなってきました。頭を左右に振ると頭痛がひどくなりましたので、すぐにロキソニン2錠を飲みました。私はこのタイミングです。頭を左右に振るとひどくなるようなら、ロキソニン2錠を飲むことにしています。イヤイヤのポーズですね。これが遅れて飲むタイミングをはずすと、効果がいまいちとなります。


11月23日(日)
先週は大変な1週間でした。風邪をこじらせてしまい、熱はでるわ鼻は痛いわ頭は痛いわで悲惨でした。それでも仕事を休むわけにもいかず、毎日ロキソニンを朝2錠、昼前に2錠飲み、夜になるとロキソニンが切れてきて、また痛いはしんどいわで、でもさすがにロキソニンを1日に6錠も飲むとまずいと思いましたので、今度は風邪薬のPLを飲んだりして家に帰り、すぐに寝ていました。何とか落ち着いてきましたが、まだまだ鼻水は出るわ鼻は痛いわ頭は痛いわの状態が続いています。でも今日はホームページを更新するだけの体力が残っていますので、だいぶましになってきたようです。この連休で何とか治したいと思います。


11月9日(日)
昨日はだめでした。最近は毎日のようにロキソニンを飲んで、まあまあそれでましだったのですが、昨日は久々にひどめで少し辛かったです。早く寝ようと思い、トリプタノールを3錠飲んで寝ましたが、今日も右目の上がまだズキズキしています。私はひどめの時は、いつも右の眉毛のあたりがうずきます。今日はせっかくの日曜日ですが、あまり何もする気がせず、外出する気にもなれず、このホームページの更新だけで1日が終わりそうです。


10月25日(土)
どうも最近いけません。毎日のようにロキソニン2錠を飲んでいます。仕事もさほどストレスも無く、体調もまずまずで順調なのですが、それでも痛くなる気がして、ついついロキソニン2錠を飲んでしまいます。痛くなるのがいやで飲んでしまい、これがいわゆる薬物乱用頭痛の始まりなのでしょうか。頭を振ると痛みが出てきそうになりますのでロキソニンを飲むのですが、毎日のようになっています。飲むのをぐっとこらえる勇気を持たなければ。



10月11日(土)
今年の夏は急に雷雨になったり集中豪雨があったりで、そのたびに片頭痛が起こった方も多かったと思います。やっと充分に秋らしくなってきてうれしいですね。



9月27日(土)
今回の「友の会だより」はずっしりです。読み応えがあります。私は関西に住んでいますので、友の会便りの発行、発送など普段は全くお手伝いできないのですが、今回は60ページの特大号です。内容もすばらしく、本当に読み応えがあります。このホームページで内容を紹介できないのが残念です。交流会もこの秋に各地で開かれます。首都圏に偏っており誠に申し訳ありませんが、よろしければ御参加ください。



9月14日(日)
今日は久々に人混みに行ってきました。久々に、と書くといかに私が田舎に住んでいるか、よく分かっていただけると思います。やっぱり痛くなってきますね。ロキソニン2錠飲みました。私はロキソニンは2錠飲まないと効きません。1錠で良くなる方も多いと思いますが、私からするとなぜたった1錠で効くのか、不思議な気がいたします。だいぶ前に1錠で試したこともあるのですが、1錠ではまったく良くなりませんでした。体格は普通です。お薬の吸収の個人差もあると思いますが、本当に1錠で効くのだろうか、と思っていたところ、肩や足の痛みには私でも1錠で効くのですね。やっぱり効くんだ、とびっくり?した記憶があります。



8月30日(土)
盆明けから涼しくなってきました。ほっと一息、といったところです。おかげで頭痛もましかな。



8月12日(火)
トリプタノールの10mgを毎日寝るしばらく前に3錠飲んでいます。大変暑い夜が続いており、寝苦しいのですが、トリプタノールのおかげでよく寝ています。何とか夏ばてもおこさず、仕事もこなしています。夜がもうちょっと涼しくなり寝やすくなるまでは、3錠を続けようと思っています。



7月26日(土)
暑いですね。日本全国、大変暑いと思いますが、関西もとんでもない暑さです。何とかエアコン無しで夜を過ごしてきたのですが、さすがに昨晩はエアコンをつけて寝ました。夏の暑い日差しを浴びると、あたまがくらっとし、ガンガンしてきます。梅雨は天気がすぐれず、あたまがジクジクとした方も多いと思いますが、こうも暑いと今度はガンガンとしてきます。結局、年がら年中、頭が痛いのでしょうか。



7月6日(日)
てんかんのお薬であるトピナ(現在片頭痛の予防薬として臨床試験中のトピラマート)の添付文書によりますと、効能又は効果は、「他の抗てんかん薬で十分な効果が認められないてんかん患者の部分発作(二次性全般化発作を含む)に対する抗てんかん薬との併用療法」です。また用法及び用量は、「通常、成人にはトピラマートとして1回量50mgを1日1回又は1日2回の経口投与で開始する。以後、1週間以上の間隔をあけて漸増し、維持量として1日量200〜400mgを2回に分割経口投与する。なお、症状により適宜増減するが、1日最高投与量は600mgまでとする。」との事です。でも片頭痛に対しては、1日量200〜400mgも全く必要とせず、もっと少ない量で充分効果があるようです。


6月21日(土)
今回、掲載したお便り紹介、2008年春号に載っていますが、現在片頭痛の予防薬として臨床試験中のトピラマートは、実はトピナという名前で、去年の秋に「てんかん」のお薬として発売されました。ですので「てんかん」もある方は、日本でもお医者さんが処方することが可能なようです。このトピナを片頭痛の予防薬として日本で使えるようにするための臨床試験が現在行われています。
誤解の無いよう書かせていただきますが、現在は「片頭痛」ではお医者さんは処方してくれません。あくまでもトピナは現在は「てんかん」のお薬で、他のてんかんのお薬と併用でないと、お医者さんは投与してくれません。ご了承ください。



6月1日(日)
お便り紹介にも書いてありますが、新しい片頭痛の予防薬トピラマートの治験も順調に進んでいるそうです。



5月18日(日)
6月8日、日曜日に西宮で頭痛相談会が行われます。関西でも毎年1回、開かれています。もしよろしければ御参加下さい。


5月5日(月)
最近はトリプタノール10mgを毎日3錠、続けているのですが、毎日のようにロキソニンを2錠飲んでいます。頭痛は大したことは無いと思うのですが、パソコンに向かう時間が長く、肩もこり、そのためかもしれません。頭を振るとガンガンしそうになるので、ロキソニンを2錠飲みます。トリプタノールのおかげでよく寝れるのですが、ロキソニン乱用?になりつつあるのかもしれません。



4月20日(日)
アマージが発売されたようです。5番目のトリプタンです。効果が比較的マイルドで、長く作用するのが特徴だそうです。お薬の値段は900円くらい、3割負担で270円ということです。でももっと安くならないかな、と思います。どんなに片頭痛がひどくなると辛いとはいえ、値段が高いので、頭痛がおきた早い段階で飲むのを躊躇してしまい、タイミングが遅れます。値段が1個100円くらいになれば、飲みやすいのですが。でもそれでは早く飲みすぎて、薬物乱用頭痛になってしまう方が増えるのかもしれません。



3月30日(日)
もうしばらくしたら、5番目のトリプタンであるアマージが使えるようになるようです。片頭痛の薬はかなり次々と出てきます。現在治験中の予防薬もありますし。緊張型頭痛の薬はなかなか出てきませんね。


3月9日(日)
イミグラン自己注射の値段を教えてもらいました。薬価は、イミグランキット皮下注2本で、6874円(3割負担で約2060円)です。在宅自己注射指導管理料(820点)、注入器加算(300点)を加えると、3割負担で、約5420円となります(その他の薬代、再診料などは全く別です。また注入器加算300点×3=900円は初回のみ)。うーん、かなり高いですね。でもこれで救急車や救急外来のお世話にならず、仕事が普通にできるようになれば安いとも思います。


2月19日(火)
いよいよ2月25日よりイミグランの自己注射が使えるようになるようです。自分で足、太ももに打つようですが、かなり値段は高いようです。イミグラン注射の2回分がセットと、自己注射指導管理料?なるものが必要で、何千円?かが必要との事でした。でもこれで多くの方が救われるようです。痛みがひどくて救急車のお世話になることが減るのを期待しています。また、はっきりとした値段が分かれば掲載させていただきます。



2月1日(金)
2月になりました。今年は花粉がどうなのか、まだよく知りませんが、そろそろ花粉症の準備を始めようと思います。花粉症がこじれると、頭痛もぼろぼろになってきますので。



1月14日(月)
イミグランの自己注射は今年4月、認可が下りそう、と聞いていたのですが、もっと早く使えるようになるかも、との噂を聞きました。また分かり次第、掲載させていただきます。


2008年1月1日(火)
新年明けましておめでとうございます。今年こそ私、そして皆様の頭痛が良くなりますように。



12月23日(日)
トリプタノールを1日3錠、寝る前に飲んでいます。頭痛はかなりましになっています。頭痛を忘れている時間も大変長くなってきました。ロキソニンも減りました。よく寝れます。


12月9日(日)
イミグラン、ゾーミッグ、レルパックス、マクサルトにつぐ5番目のトリプタン系のお薬、ナラトリプタンが来年使えるようになる、という話を聞きました。



11月25日(日)
イミグラン自己注射の製造承認がおりたようです。と言っても、すぐに自己注射が使えるのではなく、来年春の診療報酬の改訂で、自己注射が在宅保険適用で認可されれば可能になるようです。まだ正式な決定ではありませんが、何とか早く認可がおりればよいのですが。



11月4日(日)
トリプタノールを寝る1時間前に2錠(20mg)飲んでいます。最近仕事のストレスが多いので、寝つけそうにない時は、3錠のこともあります。寝れるのはよく寝れますが、頭痛はまだいまいちですね。でもロキソニンは減りました。便秘はありません。


10月7日(日)
しばらく予防薬を
飲んでいませんでしたが、トリプタノールを1週間くらい前から始めました。やはり少しましになってきています。とにかくよく寝れますね。寝る少し前に、水色の10mgを1錠だけです。夏の暑い時に飲んでいたら、猛暑でも寝れたかな、と思っています。副作用は、とにかく良く寝れることと、飲んだらすぐ舌先がしびれることと、少しだけ便秘気味かな。


9月23日(日)
友の会だより秋号に掲載していますが、去る8月8日(水)、厚生労働省にイミグラン注の自己注射の早期承認ならびに在宅保険適用の陳情を行いました。海外ではあたりまえのように在宅自己注射が行われており、早く日本でも認可が下り、使えるようになりたいものです。重度の片頭痛、群発頭痛で困っている人は大変多いのですから。


9月2日(日)
片頭痛の新しい予防薬の治験が順調に進んでいるそうです。かなり効果がありそう、と主治医の先生が喜んでおられました。でも飲んでいるお薬が、プラセボ(偽薬)の場合もあるそうですので、全く変わらない人も、と言っておられました。


8月14日(火)
大変遅くなりましたが、慢性片頭痛、薬物乱用頭痛の診断基準が改訂されています。と言っても付録の診断基準のようです。以下は日本頭痛学会のホームページからの転載です。

慢性片頭痛の改訂基準
付録  A 1.5.1  慢性片頭痛 ( Appendix 1.5.1 Chronic migraine )
A   頭痛(緊張型または片頭痛あるいはその両方)が月に 15 日以上の頻度で3ヵ月以上続く
B  1.1 前兆のない片頭痛の診断基準をみたす頭痛発作を 少なくとも 5 回は経験している患者におこった頭痛.
C  少なくとも 3 ヵ月にわたり,次の C1 または C2あるいはその両方を満たす頭痛が月に 8日以上ある.すなわち,前兆のない片頭痛の痛みの特徴と随伴症状がある.

   1 .以下の a〜d のうちの少なくとも2つを満たす.
   (a) 片側性
    (b) 拍動性
    (c) 痛みの程度は中程度または重度
    (d) 日常的な動作(歩行や階段昇降など)により頭痛が増悪する、あるいは頭痛のために日常的な動作を避ける.
 そして,以下のaまたはbの少なくともひとつ.
    (a) 悪心または嘔吐(あるいはその両方)
    (b) 光過敏および音過敏

   2.上記C1の頭痛発作に進展することが推定される場合にトリプタン又はエルゴタミン製剤による治療により頭痛が軽減する.
D.  薬物乱用が存在せず,かつ,他の疾患によらない.

薬物乱用頭痛の改訂基準
付録  A 8.2 薬物乱用頭痛の診断基準 ( Appendix 8.2 Medication overuse headache
A 頭痛は1ヵ月に 15 日以上存在する.
B 8.2 のサブフォームで規定される1種類以上の急性期・対症的治療薬を 3 ヵ月を超えて定期的に乱用している
   1. 3 ヵ月以上の期間,定期的に1ヵ月に 10 日以上エルゴタミン,トリプタン,オピオイド,または複合鎮痛薬を使用している.
   2. 単一成分の鎮痛薬,あるいは,単一では乱用には該当しないエルゴタミン,トリプタン,オピオイドのいずれかの組み合わせで合計月に 15 日以上の頻度で 3 ヵ月を超えて使用している.

C 頭痛は薬物乱用により発現したか,著明に悪化している.


7月29日(日)
暑いですね。今週から関西も大変な暑さです。あんまり暑いと、あたまがガンガンとしてきます。
ところで今日は参議院の選挙の日です。私も先ほど、近くの公民館に投票に行ってきました。多くの候補者の中で、慢性頭痛の診療・治療について約束してくれる人があれば、迷わずその人に投票するだろうなあ、と思いながら投票してきました。


7月15日(日)
大きな台風が通り過ぎていきました。低気圧が近づくと頭痛がおこる方も多いと思いますが、幸い私の頭痛は低気圧とは関係はありません。遠い南の海上で台風が発生したのがわかる、と言う方もおられます。


6月23日(土)
イミグランの自己注射の保険適応が、今年は無理で来年になるのでは、という噂を聞きました。何とか早く使えるようにして欲しいものです。片頭痛、群発頭痛の発作時に、自宅などで自分で注射できる製剤で、厚生労働省に申請中です。注射ですから、ひどくなってからでも良く効きますし、大変期待のできるお薬です。



6月3日(日)
片頭痛の新しい予防薬の臨床試験、治験が始まりつつあるそうです。企業秘密がかなりあると思いますので、あまり詳しくは書けませんが、ミグシス、テラナス以来の片頭痛の予防薬としての保険適応を目指すお薬です。調べてみましたら、ミグシス、テラナスが発売されたのが1999年のようですので、それから8年経って、日本での次の片頭痛での保険適応を期待されるお薬です。でも毎日のように頭が痛い方は、残念ながら治験の条件に合わず、参加はできない、と聞きました。


5月20日(日)
おしらせのページに掲載いたしましたが、6月10日(日)に新大阪で頭痛相談会が開催されます。関西ではだいたい年に1回、この時期に行われています。こじんまりとした会ですので、よろしければ御参加ください。


5月3日(木)
ロキソニン2錠を時々?しょっちゅうです。もともと頭が重痛く、寝つきは悪い方でしたが、しばらく前からパターンを変え、仰向けで寝るのを止めて、うつ伏せで寝るようにしています。するとなぜかすぐに熟睡できます。うつ伏せで寝ると、頭の痛み、重さを感じにくくなります。どうしてでしょうか?



4月15日(日)
どうも毎日一日中頭が重く、いけません。慣れっこになっているとはいえ、やはり辛いものです。ひどくなって来るとガンガンとしだしますし、頭をふるとひどくなります。動きたくなくなります。そしてボルタレンを2錠飲みますと、ひどくならずにすみます。慢性緊張型頭痛+片頭痛でしょうか。先生に相談して、ミグシス、テラナスを試してみようかな。


4月1日(日)
気が付いたら、このホームページを開設してから、まる6年以上経っていました。最近は仕事が忙しくてすっかり忘れていました。当初は6年間も続けることが出来るとは全く考えてもいませんでした。いつかこのホームページを引き継いでくれる方がおられれば、いつでも交代しようと考えていましたが、なんと6年間も続いてしまいました。この頭痛ダイアリーも継続するのが難しく、もともと昔からある頭痛ですから、そうそう頭痛の状態が変わるものではありませんし、ダイアリーをつけても特には大きな変化はありません(ホームページを開設した頃と比べれば、ましかなとは思いますが)。ダイアリーも途中で中断したりしましたが、また何とか復活しています。主治医の先生が落ち着いたら、診断、治療のページなども更新できたら良いのですが、今は開院したばかりで患者さんを治療すること以外ではあまり余裕が無いようで、「もうしばらく待ってくれ。」と言われました。



3月18日(日)
今年は
花粉は少なめのようですが、それでも結構症状がひどく仕事中も鼻水がちょこちょこ出てしまいます。そのためか頭痛もちょっとひどくなっているような感じです。


2月18日(日)
花粉症のシーズンとなってきました。今年は花粉が飛ぶのが早いような、と思っているのですが、どんなものでしょうか。花粉症で鼻が辛くなると必ず頭がガンガンに痛くなるので、早速アレルギーの点鼻薬を始めています。おかげで花粉症は良い感じですが、もともとの頭痛は毎日頭が重く、あまりにもしょっちゅうロキソニン2錠を飲んでいます。


2月2日(金)
今年は暖かい冬ですね、と思っていたら寒くなり雪が降りました。私の頭痛はあまり変化はありません。1週間に数日間はロキソニン2錠をまとめて飲んでいます。落ち着いています。頭が痛くてもロキソニンを飲んで、仕事は充分出来ています。予防薬は使っていません。でももしこの世に痛み止めが無かったら、と考えると恐ろしくなります。痛み止めが無かったら、一体どのような人生となってしまうのでしょうか。仕事なんか出来るわけが無いし、まともに生きて行けるはずがありません。


2007年1月1日(月)
明けましておめでとうございます。関西は正月から晴れて、うれしい限りです。今年は皆様と一緒で頭痛がましでありますように。


12月9日(土)
師走ですね。私もなんだかんだと、あわただしくなってきました。今日もロキソニンを2錠まとめて飲んでしまいました。



11月25日(土)
私は花粉症がひどいのですが、なんだか最近は花粉症のシーズンでもないのに鼻水がひどく、スギ以外の花粉でも花粉症になっちゃったのかな、と思っています。いつも3月は花粉症がひどく、あたまいたもひどくなるのですが、幸い今は頭いたは変化はありません。でも花粉症がひどくなり、年がら年中になり、あたまいたももっとひどくなったら、悲惨ですね。


11月4日(土)
良かったり悪かったりが続いています。悪い日が4、5日続くと、予防薬をそろそろまた始めようと思うのですが、でもまた少しましになって、やっぱり飲まなかったり、が続いています。おかげで痛み止めは、しょっちゅう飲んでいます。


10月21日(土)
さっぱりです。毎日のように痛み止めを飲んでいます。頭を振ると痛みがひどくなるのもありますが、毎日の頭の締め付けが結構ひどいですね。まあ、仕方ないといえば仕方ないですが、もう慣れました。


10月7日(土)
最近はSG顆粒を使っています。以前はセデスGでしたが、フェナセチンが問題となり製造中止となり、フェナセチンが含まれなくなったものです。ピリン系のアンチピリン、アセトアミノフェン、カフェイン、アリルイソプロピルアセチル尿素の合剤です。顆粒ですので飲みにくいですね。水無しで、すばやくこそっと飲む、という訳にはいきませんし。痛み止めとしてはかなり強いようですが、私にはイマイチです。それに飲んだ後、何かむかむか変な感じが少しだけします。



9月23日(土)
イミグランの自己注射の治験が終わり、成績も良く、厚生労働省に申請するようです。早く自己注射の認可がおりることを期待しています。群発頭痛の方、またひどい片頭痛の方には朗報ですね。自分で自分に注射するなんて、私は出来るだろうか?なんて何か怖い気がしますが、痛みに比べれば大したことではありません。ただ値段がある程度は高いようで、注射そのもののお金と、毎月、自己注射管理加算?が付くそうです。でも普通は3割負担ですから。



9月9日(土)
最近はどうもぱっとしません。毎日のようにボルタレン2錠を飲んでいます。頭を振るとガンガンとしてくるので、なるべく早くボルタレンを2錠飲みます。1日に1回ですんではいるのですが。やっぱり予防薬を飲んでいないためでしょう。


8月26日(土)
この前は夕方から何かまずいなあ、という雰囲気で、寝る前にボルタレンを2錠飲んで寝ました。夜中に頭が痛くて目が覚めました。私はひどそうな時は、右目の眉毛の内側がうずきます。マッサージで軽くなることも少ないですがありますが、この日は全くだめそうで、久しぶりに坐薬50mgを取り出し入れました。その後、坐薬のためか寝れましたが、朝起きるとやはり右目の眉毛の内側を中心とし、かなり痛く、なかなか辛い状態でした。またボルタレンを2錠のみ、更に昼から2錠のみ、何とか1日をやり過ごせました。寝込むほどひどい状態ではありませんでしたが、何をするのも結構辛い1日でした。次の日はましになっていました。手元にはなかったのですが、最初からマクサルトを飲んでいたら良かったのかもしれません。


8月5日(土)
ずっと雨ばかりと思っていたら、梅雨があけ、本当に暑い日が続きます。毎日毎日、うだるような暑さです。幸い私は普段は冷房のきいた涼しい部屋で仕事をしていますので、まだ良いのですが、時々暑い外でしばらく居ることがあると、もうだめです。頭が段々とガンガンとしてきます。頭を動かすと痛みが出てきて、あわててボルタレンを2錠、飲みます。そしてしばらくすると、ガンガンが良くなっていきます。


7月22日(土)
関西は雨ばかりです。全国的にも同じと思いますが。低気圧、雨ばかりで、体調をくずし頭の痛い方も多いのではないかなと思います。少し頭を振って痛みがひどくなりそうになると、痛み止めを飲んでいます。



7月8日(土)
国際頭痛学会による慢性片頭痛、薬物乱用頭痛の診断基準が改訂されたようです。以下は日本頭痛学会のホームページからの転載です。

A 1.5.1  慢性片頭痛 (Appendix 1.5.1 Chronic migraine)

A.  頭痛(緊張型または片頭痛あるいはその両方)が月に15日以上の頻度で3ヵ月以上続く。
B. 1.1 前兆のない片頭痛の診断基準をみたす頭痛発作を
、少なくとも5回は経験している患者におこった頭痛。
C
. 少なくとも3ヵ月にわたり、次の C1またはC2あるいはその両方を満たす頭痛が月に8日以上ある。すなわち、前兆のない片頭痛の痛みの特徴と随伴症状がある。
  1 . 以下の a〜dのうちの少なくとも2つを満たす。

    
(a) 片側性
    
(b) 拍動性
    
(c) 痛みの程度は中程度または重度
    
(d) 日常的な動作(歩行や階段昇降など)により頭痛が増悪する、あるいは頭痛のために日常的な動作を避ける。そして以下のaまたはbの少なくともひとつ。
        
(a) 悪心または嘔吐(あるいはその両方)
        
(b) 光過敏 および 音過敏
  2. 上記C1の頭痛発作に進展することが推定される場合にトリプタン又はエルゴタミン
製剤による治療により頭痛が軽減する。
D. 薬物乱用が存在せず、かつ他の疾患によらない。

A8.2 薬物乱用頭痛 (Appendix 8.2 Medication overuse headache

A. 頭痛は1ヵ月に15日以上存在する。
B. 8.2のサブフォームで規定される1種類以上の急性期・対症的治療薬を3ヵ月を超えて定期的に乱用している
  
1. 3ヵ月以上の期間、定期的に1ヵ月に10日以上エルゴタミン、トリプタン、オピオイド、または複合鎮痛薬を使用している。
  
2. 単一成分の鎮痛薬、あるいは単一では乱用には該当しないエルゴタミン、トリプタン、オピオイドのいずれかの組み合わせで合計月に15日以上の頻度で3ヵ月を超えて使用している。
C. 頭痛は薬物乱用により発現したか、著明に悪化している。

うーん、ややこしいですね。難しい診断基準ですが、慢性片頭痛はやはり薬物乱用が無いことが条件のようです。でも片頭痛がこじれて毎日頭が痛い方で、薬物乱用があまり無い方は、少ないのではないのかな、と思います。でも「もともと片頭痛があった方」が、「緊張型頭痛のように変わってきた頭痛」も、これは「片頭痛」という事のようです。
薬物乱用頭痛も改訂前は、薬物乱用がある今の状態は、「薬物乱用頭痛の疑い」であり、痛み止めを中止して頭痛が良くなってはじめて「薬物乱用頭痛だった」と診断されていました。つまり薬物乱用頭痛は以前の病名で今の病名で無く、痛み止めを止めて頭痛が良くなった現在からみると、「以前は薬物乱用頭痛だった」、今は良くなっているので薬物乱用頭痛ではなく、「片頭痛、あるいは緊張型頭痛です。」という不思議な事になっていたようです。それが改訂されて、痛み止めを中止しなくても診断できるようになったようです。でも最後の文章で、「頭痛は薬物乱用により発現したか、著明に悪化している。」となっていますが、本当に皆さん、痛み止めを飲んで(飲み過ぎで)、頭痛が出現した、悪化したなんて分かる方がどれだけおられるのでしょうか。実に難しい、ややこしい診断基準です。



6月24日(土)
6月4日に神戸で講演会、交流会がありました。私はあいかわらずバタバタしており、行けませんでした。家が田舎のこともありますが。いつもメールでのやり取りばかりで、後になって状況を知ることばかりです。でもおかげで人混みに行かず、頭がひどく痛くならずにすんでいるのかもしれません。



2006年6月10日(土)
頭痛ダイアリーをなかなか更新できずにいましたが、ぜひとも再開して欲しい、という声がありましたので、何とか再開させていただきます。バタバタしておりますので、ぼちぼちという事で、どうぞよろしくお願い申し上げます。
友の会の第9回総会が4月16日に開かれ、顧問に獨協医科大学神経内科教授 平田幸一先生、東京女子医科大学講師 頭痛外来 清水俊彦先生が就任されました。
会長 秋山扶佐子、副会長 岡本功、藤川元夫、会計 山田洋、幹事 秋山扶佐子、宇佐川正彦、岡本功、河野美和子、後藤輝彦、中西トミ子、藤川元夫、古橋いつ子、三野知男、山田洋、会計監査 関田達雄です。よろしくお願いします。