お便り紹介


昨日の交流会は沢山収穫がありました。同じ病気を持った人と交流する機会なんてありませんので、貴重な体験をさせて頂き感謝してます。また沢山の人達と分かち合える機会があれば積極的に参加したいと思います。うちの主人も頭痛、肩凝りを知らないですし、風邪もひかない健康体で病人の気持ちが全く理解できないんです。そういう意味で交流会に出ると、少し孤独感から解放されます。今後とも宜しくお願い致します。


小田原での講演会交流会等どうもありがとうございました。久しぶりに同じ痛みやつらさを持つみなさんとお会いしお話をすることが出来てよかったです。頭痛という共通点のみで話が尽きることなく不思議ですね。私たちの生活に密接にかかわっている問題だからでしょうね。また来月の浅草での交流会も楽しみにしております。間中先生のお話もとてもよかったですね。人生訓がすてきですネ。ご神木のように年輪を感じ、人としてどっしりじんわり構えかつ包容力がある笑顔のすてきな先生と思いました。お医者様ではあるのですが教育者=人を育てるプロに思えました。幅広い教養の中からわかりやすい言葉や絵など五感からすうーと入っていく問いかけ方だなと思います。今、私たち大人の頭痛も多いですが子供達への頭痛への取り組みも間中先生の言葉ならきっと児童たちもわかるだろうと思います。園長先生、校長先生にも見えるのは私だけでしょうか?頭痛大学というサイトを作成しているのできっとそうですね。私は頭痛大学のサイトをほとんど見たことがありませんでした。ぜひ今後見て頭痛が和らぐために役立てたいです。「友の会だより」のあの素敵な写真とコメントを入れた山田さんが秋山さんのだんなさまだったとは先日の会報を読むまでは全く知らなかったのでびっくりしました。ご夫婦にて友の会運営にいつも本当にありがとうございます。会員さんも多いでしょうし会報作成など四季報といえ大変と思います。その外にも先生方や様々なところの調整連絡など…、また会員さんからの連絡対応、きっとたくさんあるのだろうと思います。発送作業など土曜日などあればお声掛けください。


寒いですが今日は頭調いかが?台風だから酷くなってるんじゃない?私は昨日よりはマシだったけどお風呂出てから目の奥に来てます。風邪も引いてクラリスも飲んでます。交流会で知り合った方、私と同世代なのに気候に左右されないんですって。いいわね。小田原で頂いた頭痛のコミック薄いけどよくまとまって分かりやすく、それこそ周りの人に配りたいようですね。言いたい事は全部書いてあります!


昨日は朝から頭痛が起き会社は休みました。おかげさまで今は元気です。24日は間中先生の温かい貴重なお話を聞けるのでありがたいです。また秋山さんや同じ痛みを持つ会員さん達とお会い出来ることもありがたいです。日曜日は、小田急ロマンスカーにて向かう予定です。どうぞよろしくお願い致します。


この夏は異常なほどの暑さでしたが、その後、お体の具合は如何でしょうか?私も今年の夏の暑さには辟易してしまいました。特に、梅雨明けからの暑さに体がついて行かず、7月中は月の半分は片頭痛におそわれておりました。マクサルトを使用していますが、6連日で飲んだ時はさすがに“ヤバいかなぁ…”と思いました(体温が上がると頭痛を誘発しそうで)。8月になっても、連日の猛暑で外出も怖くなり、しばらくスイミングも行かず(行けず)先日受けた健康診断では、軽度の脂質代謝異常(総コレステロール値が高い)と診断されました。トホホ…。秋山さんもお好きなバター・生クリーム・ナチュラルチーズは私も大変好きなのですが、摂取を控えなければいけない様です(あと、ナッツ類も大好物です)。とにかく、早く涼しい季節になってくれる事を望みます。


テレビ東京で「行列の出来る診療所」を見ました。清水先生は毎日多忙ですね。新しく出た取説も購入しましたが読みやすく、すぐ読めちゃいますね。笑ってしまったのが、歴史占いというのが会社で流行り、やりました。私は直感が鋭く天気病みなので卑弥呼だったんです。周りも納得し笑いましたが取説を読み卑弥呼も頭痛に悩んでいたからかなあと益々親近感を増しました。平田先生の所へ先月末にお伺いしてきました。いつもたくさんの患者さんを診察しつつ笑顔で話し方が優しく癒されます。先生の顔みるだけで充分処方箋ですね!


朝夕はすっかり秋めいてきました。「友の会だより」秋号をありがとうございました。6月の大阪講演会を急な仕事で欠席しなければならなくなり、連絡をしたところ、秋山さんも体調を崩されていることをお聞きし、心配しておりました。こんなに大変な入院生活をなさっていたとは存じませんでした。もう大丈夫でしょうか。無理なさらないでくださいね。「秋号」では、参加できなくて残念に思っていた6月講演会の様子を詳しく掲載してくださっていたので、とても勉強になりました。職場では、頭痛持ちだと分かってくれてはいますが、やはり同じ痛みを抱えた方々と交流したかったなあと思います。次回こそ是非!と思っています。私の予防薬はトピナでしたが効果が思ったほどでなく、最近、呉茱萸湯とブロプレスに変更されました。先生が「期待を込めて試してみましょう」と言ってくれたその言葉に励まされて、「どうせダメかも」と思わずに頑張ってみようという気にさせてくれました。今度こそ効くのでは、という日々を過ごしているところです。


猛暑も過ぎ去って、朝などはひんやりする季節となりました。「友の会だより(秋号)」にて、秋山様の『入院生活と片頭痛』を拝読しまして、人間ひとたび体調を崩すと(それも片頭痛という持病を抱えてそうなると)、どれほど大変か、苦しいかを一字一字から感じ、日頃から健康には余程気をつけねば、と思った次第です。秋山様におかれましては、本当につらい、耐え難い日々であったとお察し申し上げます。さて、小生は頭痛の回数も最近は減ってまいりました。一時期は薬物乱用を随分心配しましたが、そうでもなかったようで、とりあえずこの状態が続くことを願っています。