お便り紹介


私の友人でひどい頭痛の人がいるのですが、以前デパケン200を2錠を2年ぐらい飲んだらめまいがしてきてやめたと聞きました。副作用は人によって出方も違うでしょうが、怖いですね。今回の会報で主治医を信じることも大事だとありましたね。私は主治医を信頼していますが、もっと話をじっくり聞いてくれる先生がいいのですけど、なかなか忙しくて無理ですね。友の会に入って10年過ぎましたがいろいろ変わってきていますね。薬物乱用頭痛をはじめ、脳の興奮をおさえることが大事だと次々と分かってきていることがありますね。年とっていつまでトリプタンを使えるか、それまでにはもう少し頻度を落としたいと思っています。五十嵐先生の頭痛にとらわれないで人生苦しい事もあるけど楽しいこともいっぱいあるよとの話、まったくだと同感しました。私も自分でよくしていこうと思います。


数年前より会員にさせていただき、その前後に清水先生の外来を受診しました。清水先生の第一声は、「このままでは妊娠出来ないよ!」と言うくらい、市販薬を乱用していました。治療後、本当に快適な生活を送り、子供にも恵まれましたが、出産後程なくして、以前にも増して激しい頭痛に襲われるようになりました。つい先日も、主人が留守で子供と二人の時、市販の痛み止めを飲んでも気を失うほどの頭痛と嘔吐、下痢に襲われ、子育てをしていく自信を失っていました。そんな時、会報で私の質問と回答が掲載され、その中で治療を奨められており、再度治療を受ける決意ができました。やはり体調が悪い時は、子供にも主人にも優しく接する事ができなかったり、家事もきちんとこなせなかったり、後々悲しい気分になることが多く、余計頭痛に対する不安が増していました。そんな中で、会報を読ませていただき、悩んでいるのは自分だけではないこと、私には治療が必要なのだということを知り、今とてもすっきりした気分です。今後、子供にももしかすると遺伝しているかも知れません。不安はいろいろありますが、会報などで情報を得て、なんとか快適な生活が送れるよう努力したいと思います。


私は暑さのせいか、毎日頭痛、吐き気です。今日もやっとの思いで出勤しています。先月も片頭痛で3日間もお休みしてしまいました。3月は4日間。こんなに片頭痛でのお休みが続くと、お仕事辞めさせられちゃうかな?と不安です。


「友の会だより」夏号で、卵巣腫瘍の治療を受けていて、頭痛薬を継続した方が良いか、質問させていただいた者です。会報で五十嵐先生より丁寧なご回答をいただき、安心して治療に専念することができました。ありがとうございました。おかげ様で手術も成功し、引き続き治療中です。頭痛に関しては、今まで主治医の清水先生に出していただいていた薬を、婦人科の治療が一段落するまでという事で、現在かかっている病院で処方してもらっています。


友の会だより夏号届きました。その中の35ページを読んで、私がいつもいつも思っていたことが載っており、うれしくなりました。フィーバーフュー(夏白菊)のことです。ぜひ手に入れたいのでお手数をお掛けして申し訳ありませんが、教えていただきたくお願いいたします。


片頭痛、薬物乱用頭痛などで、2年近く脳神経外科に通っています。頭痛は完全に良くは治らず、今年6月からは同じ病院内で心療内科を受け始めました。自分の頭痛の原因が何か判らず、家事もままならず落ち込むことが多いです。今後とも宜しくお願いいたします。


私は10年前に椎間板ヘルニアを再発してから、頭痛がさらに悪化してしまい、肉体的な痛みと精神的な苦痛に悩まされてきました。月によっては半分、もしくはそれ以上寝込んでしまうような状態です。テレビで頭痛の特集をやっていると、必ず見ては良くなられた方をうらやましく思いつつ、自分もいつかはと…夢見て、頭痛外来にも通院しましたが、良くなる兆しが見られず、そう簡単にはいきませんでした。今は地元の神経内科の先生に診ていただいています。会報の友の会だよりを読んで、また、新たな希望と勇気が持てたような気がします。土日、祝日のみ仕事をしていますので、交流会など都合が合えば是非参加したいと思っていますのでよろしくお願いします。


この度はお世話になります。もっと早くから友の会に入会したいと思っていましたが、いろいろあり遅れました。最近、不注意で左の鼓膜を突き、難聴になり(耳鼻科フォロー中)、そんな中、片頭痛の発作が重なり、3日ほど寝込みました。それから軽快し、休養中に山口三千夫先生の「くも膜下出血のサインを読む」や清水俊彦先生の「頭痛女子のトリセツ」を真剣に読みました。また、会報誌の皆様の貴重なご意見や前向きな心構えを読ませていただきました。病気で落ち込む自分自身がとても嫌になり、一日も早く軽快し前向きに病気と向き合っていかなければいけないと深く反省しております。皆様が少しでも改善されますよう心よりお祈りいたします。


同封していただいた会報を読みとても参考になりました。同じような方がたくさんいらっしゃるのですね。のんびりな私、主治医の先生の速いペースについていくのに大変ですが、「友の会だより」だけでもゆっくり読め安心しました。この会に入り、もう一度初めから整理し、一日も早く頭痛から離れ、楽になりたいと思っています。よろしくお願いいたします。


心臓のほうも負荷心電図、心エコーなどやり、今のところ落ち着いております。2月には歯根嚢胞で2週間入院、手術をしました。また、この年齢で喘息になってしまい点滴、薬とやりましたが、薬が合わず、チアノーゼになってしまい、今は少しずつ体も良くなりつつあります。たぶん免疫力も落ちたのでしょう。その間の4か月あまりは、鎮痛薬と化膿止めを飲んでいたせいで、頭痛はひどくならずにすみましたが、今は入梅時、毎日頭痛があります。予防薬、ビタミンB2、ロキソニンです(効かず)。6日朝、途中からですが、NHKで片頭痛の話を獨協大の平田幸一先生がされていました。それを聞き、私も鎮痛薬を毎日飲んでいたので、きっと飲みすぎではないかと不安になりました。トリプタンは心臓には良くないとのこと。一日も早く頭痛からぬけだしたいと、いつも思いますが、遺伝なので、うまく付き合っていくほかないように思います。