お便り紹介


いったい、いつになったら頭痛から解放されるのだろう。一生続くのだろうか。不安になることがあります。会報を読ませていただいて、自分は完全に薬物乱用頭痛になっていると知りました。これから少しづつ薬(市販のノーシン、クリアミン)を減らしていこうと思いました。(50代女性)


頭痛の苦しみは頭痛の人しか分からないと思うので、友の会の存在は心強い。送っていただいた資料を読んでみましたが、片頭痛についての内容が多く、自分の症状と似た人は少ないように感じた。緊張型の内容が充実することを望みます。(20代男性)


はじめまして。友の会の活動は、私のような慢性頭痛患者やいろんな病気などで頭痛になったり、生活していく中で痛みを感じながら毎日苦しんでいる人々が少しでも改善していかれるような環境になってくれるのであれば、協力していきたいと思います。ストレスから少しうつ気味でルボックスを数ヶ月ほど前から飲み始めました。効き目はまだハッキリしませんが、やはりうつからの頭痛もあるのかと思います。夏は頭痛つらいですが生活があるので薬は手放せないです。活動がんばってください!!次回の交流会があれば行きます。(30代女性)


再度の入会ですがよろしくお願いいたします。会員の皆様のお話を聞いただけでも色々の方がありますし、自分の反省にもなりますので又、入会させていただきました。(70代女性)


初めまして、先日入会させていただきました。みなさん、今後ともよろしくお願いします。思い起こせば8歳頃からもう40年も片頭痛とつきあってきました。トリプタン製剤が開発されてから私の人生にも光明が差してきたかなと思いますが、まだまだ状態の悪い時もあり、落ち込むことも度々です。しかし最近では「今月は先月より発作の回数が1回少なかったヮ」「ちょっぴりラッキー!!」というようにプラス思考で生活するようにしています。全国の慢性頭痛のみなさん、見えない手をとりあってがんばっていきましょう。(40代女性)


講演録を読ませていただき、頭痛はなおることはなさそうと知りがっくりきてしまいました。でも若い時に比べ激しい頭痛ではなくなってきているのは、せめてもと思っています。でも心配をせずに物事の予定、計画が立てられるようになりたいと思っています。よろしくお願いします。(60台女性)


17歳頃より片頭痛で悩んでいます。頻度は時季によって異なり、月に1回の時もあれば、月に5、6回の時、3ヶ月間まったく無いこともあります。前兆(チカチカする)のある頭痛で、何度も吐いてしまいます。突然頭痛になるのですごく困ります。仕事や家事にも影響があり、寝込んでしまいます。みなさんは仕事等どのようにその場を切り抜けているのかなど、同じ悩みを持つ者同士、話をしてみたいと思い「友の会」に入会しました。よろしくお願いします。(30代女性)


2年ほど前にインターネットでこの会のことを知りました。ずっと入会しようかどうか迷っていましたが、この度入会させていただきました。薬にたよることなく頭痛を治せないものかと20年来、いろんなことをやってみましたが結局治りませんでした。更年期に入ったんでしょうか、最近特にひんぱんに頭痛が起こるようになり、なんとかしなければと思い、以前より入会を迷っていた友の会に入会させていただき、もう一度真剣に頭痛に取り組んでいこうと思います。よろしくお願いします。(40代女性)


今は頭痛は少しおちついています。私の場合、うつ状態がひどくなると頭痛はひどくなります。いつもは漢方薬の加味逍遥散とデパスを朝、夕1rずつ飲んでいます。頭痛がひどい時だけ、ポンタールを1カプセル朝、夕2回飲んでいますが、痛みがあまりひどくない時はポンタールは飲まないようにしています。まだ入会したばかりなので、そのうちまた書きたいことがありましたら、お便りします。よろしくお願いいたします。(60台女性)


これまで認知症と診断され、2年間くらいセファドール錠やアリセプト錠を服用してきましたが、今年の2月から始まった緊張型頭痛は日毎に症状が悪くなり、4月25日には脳神経外科の先生からパーキンソン病と診断されました。それで5月24日に大学病院のものわすれ外来にいきましたが、担当の先生からパーキンソン病でも認知症でもありませんと診断されました。これまで服用していた薬もすべてやめるようにいわれましたので、それからは胃腸薬以外はのんでいません。その後病状はかなりよくなりましたが、現在も緊張型頭痛には毎日悩まされています。今後は、頭痛外来で専門の先生に診てもらって最適の薬を処方してもらおうと思っています。(70台女性)


ずっと以前から友の会の存在は知っていましたので、こうして入会できるのは夢のようです。申込書の返送が遅れたのは、同封されていた質問用紙に何と書こうか迷っていたからですが、無理して書かなくても良いのですよね。最近、やっと頭痛外来の専門医にかかってマクサルトを処方して頂きおさまっていますので、とりあえず質問はありません。どうぞ、よろしくお願いいたします。

追伸、私の手元にある余った切手のうち、きれいな色のものを同封します。ながめて楽しんで頂いても、使われても、どちらでもどうぞ差し上げます。


梅雨も未だ明けず本当にうっとうしい毎日で、皆さんどうなさっているかなあ、等と思っております。私の群発は、今年は計算通りやって来ない年だったのか、急遽使用したワソランの効果だったのか、何とか無事に過ごしております。但し、やはりこの様な気候の為か、年間を通して起こる片頭痛の方は相変わらず酷く辛いです。 先日の会報に、群発患者さんの言葉が載っていましたが、群発歴15年の私も、未だ毎年3月から7月が終わる迄は恐怖です。群発を発症してからというもの、どうしても仕事の形態や精神面を大きく変えざるを得なくなりました。以前は、群発がやって来る度に、何故やりたい仕事を思う存分出来ないのか、そして長期に亘る休暇を貰う為、どうしても評価が下がり、それ迄積み重ねてきた実績までも打ち消されてしまうのではと、本当にやり場のない思いばかりでした。とにかく絶対に仕事に穴を空ける訳にはいかない、又、自分自身そうしたくないといった状況の中、精神的に追い詰められる一方でした。それらは今も変わらずありますが、15年の間、試行錯誤しながら、群発患者として少し成長したかな、等と思っております。準備期間を経て、フリーで仕事を出来る様になった現在は、一年おきに来る群発と相談しながら仕事をコントロール出来る様になりました。私の場合、約一年おきに規則的に群発がやって来る為、群発にあたる年の春は、仕事量やその内容を予め検討しておき、群発がやってこないであろう年や、秋から冬にかけて集中的に仕事を入れ、スケジュールをハードに組んでいます(しかし群発が計算通りでなく、いきなりやってくる事があり、そんな年はパニックに陥りますが…)。今でも、どうしても休む訳にはいかず、イミグラン注を打って何とか発作を治めてから、急いで仕事場へ向かう等といった事も多く、辛い現実に変わりはありませんが、今のこの自分を受け入れ、最大限いい仕事をしていきたいと思っています。
幸いな事に、以前「群発頭痛」という病名すら知らなかった近くの大学病院のドクター達が、緊急時、即対応、処置して下さり、又とても親身になって下さる事には本当に感謝しています。以前はとにかくマイナス面ばかり考えてしまいましたが、今では、群発期が過ぎて無事に仕事に復帰する時には、仕事が又出来る事に対して、感謝の気持ちを持つ事が出来る様になりました。
今後も群発と付き合っていかなければならない限り、決して仕事も諦めず、今の自分にとって常に最良の道を探していこうと思います。そして、協力して下さるドクターや家族等、周りの人達に感謝の気持ちを忘れずにいたいと思います。


早く社会に恩返しをと思っているのに、自分の考え通りには行かない自分自身の慢性頭痛を恨めしく思います。そんな時、電話で身内から「死ね」と言われるとショックで、食事したものを吐き出してしまい、身体的にも精神的にもとても辛いのです。慢性頭痛を患っている人も似た様な経験をされているのではないかと思います。幸いにも僕自身は、お医者様の理解ある治療でなんとか生活出来ていますが、まだ救いの治療が行き届いていない方も多く存在されると考える時、全国慢性頭痛友の会の存在は大きいと思います。


慢性的に頭痛が始まって20年以上が経ち、現在治療しながら社会との交わりをもう一度持つ為に試行錯誤を繰り返しては、慢性頭痛で寝込んでしまう生活から何とか抜け出したいと七転八倒をしているのですが、どうしてこうも上手くいかないものかと地団太を踏む日々を過ごしています。例えば最初の一歩が上手く行ったからと喜んでも必ず後で慢性頭痛の為元に戻される事はとても口惜しいばかりなのです。はじめの一歩がこんなにも苦しく辛く痛い事は、頭の中で考えて分かっているものの、身体と慢性頭痛がそれを許さない事に自分自身さえも怒り腹を立てています。どうしてこんな辛い目をしてまで社会との関わりを維持して行かなくてはならないのかと、堂々巡りをしています。


久しぶりに友の会のHPにアクセスしてみたら、「頭痛ダイアリー」が再開されていました。また楽しみに読ませていただきます。


会報ありがとうございます。梅雨はやはり頭痛にも体の方にもなかなかツライですが、山口先生のところへ通っていてもとても大変な方が来られるので、それを見ると自分は痛みに関してはほんと幸せな方だと思います。これからもよろしくお願いいたします。


先日は遠路、神戸までおこしいただきましてありがとうございました(その後、お体の具合はいかがでしょうか)。私はしばらく今回のようなセミナーに参加していませんでしたので、特に服薬について、気になっておりました。先生方の講演、そして茶話会の際には高瀬先生、北村先生からもアドバイスをいただきました。当日は行こうか、それとも止めようかとも考えていたのですが、思い切って参加させていただき、大変参考になりました。また時期をみて(まことに遠いのですが)、下村先生を訪ねたいと考えています。この度は本当にありがとうございました。


第9回総会、盛会で終了のこととお喜び申し上げます。平田先生も顧問に迎えられたそうで心強いですね。会長さん始め皆さんの熱意が結実したのでしょう。新しいお仲間が増えたのですね。Q&Aに申しこまれる会員さんはレベルが高いのには感服しました。あんな風に自分の症状も飲んでる薬も説明できたらいいなぁと思いました。「シャル・ウィ・ダンス?」は草刈民代さんが素敵で二度も観ました。この(表紙の)公園といわれてもピンときません。今度観る機会がありましたら目を凝らしてみます。息子もおかげさまで片頭痛の発作は少なくなりましたが後頭部の痛みはとれず、つとめて我慢してもつい鎮痛剤を飲んでしまうようです。


私は頭痛がひどくてデートもキャンセルキャンセルです。私は病院に行くと必ず薬を飲む始末です。薬局も90分待ちとかで、げんなりですよ。毎日高温多湿で嫌な季節になってきましたね。では明日は秋山さんが頭痛になりませんように。


私は最近、年に一度級の酷い頭痛になり三日うなされ死ぬ程辛かったです。更年期のせいか、痛みが強くなってるみたいです。思い出すだに震える痛みです。秋山さんも そういう感じご経験おありですか?辛いですねえ。今日も生理でマクサルトの効きが悪くて。秋山さんも頭痛お悪い中、編集作業さぞかしお辛いでしょう!


きのう友の会だよりいただきました。 いつも有り難うございます。頭痛相変わらずです。 くすりを選び、のんでます。こちらはいまライラックが満開です。いっぽうではまだチュウリップが咲いたり閉じたりしているのですよ! 秋山さんの周辺は夏まっさかりでしょうね 。


残暑厳しい毎日ですが、いかがお過ごしでしょうか。こちらも暑い毎日が続いています。さて、私の頭痛ですが、相変わらず毎日の緊張型と月に3、4回程の片頭痛が続いています。片頭痛はゾーミッグや横になることでおさまりますが、緊張型は毎日のことなのでなんとか改善したいと思い、現在は朝、夕のウォーキング、鍼治療、漢方薬の服用をしています。「頭痛はあれど心は穏やかな状態に」と努めています。鍼の先生からは「養生して生きること、自然にふれること」を教わりました。野菜や花を育てる等、土いじりをしたり、花や自然を見に出かけたりするようになりました。そして、自然の恩恵を受けて『生きている』というより『生かされている』ということを感じるようになりました。私は頭痛になる種をまき、頭痛になってしまいました。経済学を中心に根をつめて1年間勉強しました。体に申し訳ないことをしました。現代社会の中で、自分のような原因で頭痛になる人が増えないことを願ってやみません。追伸 可愛らしい切手です。どうぞお使いください。


残暑なお厳しい日々がつづいております。お変わりなくお過ごしでしょうか。いつも会の活動ありがとうございます。先日は北見先生のお話を聞かせていただきありがとうございました。5月と7月に2回行ってきました。薬のことなど丁寧に説明していただき、こちらの意見も聞いてくださり、思い切って行って良かったです。予防薬の量は増えましたが、以前より体調も良くなりました。まだまだ、良くなったり悪くなったり波はありますが、少しづつ回復できることを願う日々です。


当地は大変暑い日が続いています。それにここ一ヶ月以上も雨が降らず、どこもかしこもカラカラに乾き、水のない動物たちはどうしているかと心配しています。
先日は素敵な会報をお送りいただきありがとうございました。いつも心より感謝しています。私の頭の方も相変わらずで、その日によって楽に過ごせることもあるのですが、何しろ私も十月で七十六歳になる身の上で、ダイエットとか健康に注意して孫の大学卒業まで何とか長生きしたいと思っています。娘が有機果樹園を経営していまして、物すごい広いところで、私も時々手伝いに行っています。今年はすごい豊作で、ブルーベリー、ラズベリー、苺、桃、梨などが山ほどとれまして、売店もあり連日のお客様ですごく活気があり、お近くならば本当に差し上げたいですよ。ブルーベリーは脳にいいとかで毎日食べています。それから平田、清水お二人の高名な先生が会の顧問に就任され、お祝いを申し上げます。益々のご発展私もうれしく存じます。(米国在住)


お便り紹介に、頭痛を受け入れて上手に付き合う方法とありましたが、参考になればと。
好むと好まざるとにかかわらず、相手は遊びにきます。お友達になれば、苦しくとも楽しいものです。私には、もう一人お友達がおります。両肩の痛み、腰部、背中の痛み、右手甲の骨折により親指第一関節先の感覚無し、両膝の時々の痛み、右足神経90%の切断(治癒まで7年)、右足横の時々の激痛等のお友達がいます。時々遊びに来ますが、この時は、トイレには壁を伝わりながら数cmずつ動いて行動いたします。頭痛と同時に遊びに来られますと、食事は食べている感覚がありません。生きています、そう長くはないでしょう。皆様もお友達になってください。心が楽になります。知ってる人が、あなたは充分働いたので神様がもう休みなさいと休暇をくれたんですよ、と言います。でも、できれば働きたいです。でもお友達が働かしてくれないです。4年ぐらいは、図書館の本を乱読いたしました。そのうちに、親切とはどういうことだろう、相手の立場で考えるとは、どういうことだろう、と思うようになりました。痛み、苦しみ、どうすればよいか、最初は戦う、怨む、でも、これでは解決できない。どうすればよいか? お友達になること、これしか解決の道はない。卑怯かも知れない、しかし、心が楽になります。


最近一月ほど 朝方肩凝りと首筋痛が酷くて目が覚めていたのですが、ビーズ屋さんで販売していた 血行を良くするというヘマタイトのブレスレットを購入し、リングとネックレスに作り変えて 試しに寝ても覚めても24時間付けてみたのです。そしたらつけ始めて二日目からこの一週間、肩凝り首筋痛知らずです。残念ながら頭痛は相変わらずですが。肩凝り首筋痛でお悩みの方が結構会員の皆さんの中にもいらっしゃると思いますので 是非一度お試しになられてはと思いまして。私のは1000円くらいでしたが、通販やインターネットでもありますし、大手手芸店のビーズ売り場には糸に通した状態で販売してますので器用な方は手作りなさってもよろしいかと。ただ知人数人が試した所、あまり効果が無かったとの事ですので、効果に個人差はあるようですから、あまり高価な物は購入なさらない方がよろしいかも。


アジサイが雨に映える頃になりました。先日の総会、講演会はお疲れさまでした。〈夏号〉会報誌も少ない紙面の中、充実した内容で、一気に読ませていただきました。私の頭痛歴も長く、対策≠ニいうほどのものでもないのですが、今回何かの足しになれば…とペンをとりました。

頭痛は困った友達

かれこれ私の頭痛歴は23年にもなります。各科を転々と受診し、清水先生のところでようやく混合型頭痛と診断されて、今は少し落ち着きました。痛みのために身体全部が石のようになってしまい、髪の毛一本動かせない状態から、何とか日常生活をこなせるまでに回復したのも、先生の適切な治療のおかげと感謝しております。が、平均して月5〜6錠のレルパックス…ここからどうしても薬の量を減らすことができません。薬の量が少なくても1回の頭痛が重いので、そのたびに「この世の終りか…」と思います。私の場合、季節・時間・室内外・人と会っている時、会っていない時などの条件にあまり関係なく、しかも突然起こるので困ります。しかも早い時では20分ほどで頭痛のMAXに達するため、薬が間に合わないこともたびたびです。そこで最近は頭痛が起こる時よりも頭痛が起こらない時・頭痛を起こさない人、に注目しています。規則正しい生活をし、適度な睡眠・運動を心がけ、食べ物にも気をつけても、招かれざる客、頭痛さんはやって来てしまう私の体質なのですが、たった一つ、決して頭痛の起こらない状態があります。それは「笑っている時」です。長い頭痛生活の中で笑っている時に頭が痛くなったことは一度もありません。それから頭痛を起こさない人には、おしゃべりな人が多いようです。私の母は生まれて此の方、一度も頭痛になったことのない、幸せな体の持ち主ですが、大そうなおしゃべりです。考えるより先に話しているし、行動するタイプです。その母も高齢ゆえ、今は別の病気になってしまいましたが、頭痛に関してはとても幸せ、なのです。綿密に調べたわけではないので、どうしてそうなのか、また本当にそうなのか、はわからないのですが、一つの経験談として皆様のご参考になれば幸いです。
私の頭痛はある日突然ドカン!とやって来たので治る時も急に治ると信じています。また清水先生のような名医に巡りあえたこと自体、幸運なのですから、あきらめず、先生について行こうと思います。皆様のご快癒を共に願いつつ…。