お便り紹介


五月十日のNHK「生活ほっと」の片頭痛、最後まで視聴いたしました。私もかなり「片頭痛」についての知識は得ている心算でしたが、今回はまた違った新しいことも知り得ました。全国的に八百四十万人もいるということ、八割が女性ということ、その女性患者の多くにホルモンとの関わりがあり、春先がピークということ、病院で診てもらうのには神経内科、頭痛外来が良いこと、治療法・予防法の日進月歩、その薬の消炎鎮痛薬、従来のエルゴタミンの処方から四年前には特効薬のトリプタンの画期的新薬の開発・メカニズムの解明に依る七割に及ぶ効果、使い過ぎの注意、ストレスによる三叉神経に及ぼすセロトニンの低下による血管の膨張と痛み調節系との関連、セロトニン不足を引き起こすもの、としての生活習慣、精神的なもの…等々
秋山さんの適宜な落ち着いた話もとても良く、北里大学教授の坂井文彦先生の美男子もさりながら、真摯な解説も好感度抜群でした。黛まどか氏の二〇年に及ぶ体験談も、てきぱきとしたアナウンサーも好かったです。  ひろ様より


読売新聞医療情報部の記者の方が、娘の低髄液圧症候群(脳髄液減少症)の事で取材に見えました。今年の一月に読売新聞の夕刊「医療」面、「私の医見」に私の投稿が掲載されましたところ、二十件以上の反響があったそうで、しばしば耳にする病名だったことなど重なって「医療ルネサンス」で取り上げてくださるようになったらしいのです。
S病院のM先生(脳神経外科)は、不登校と言われている子供たちの中にも脳髄液減少症が含まれているのではないかと最近考えていらっしゃるらしいです。これは、娘がM先生にとっては初めての「減少症」の子供だったようで、その後、中学生、高校生と何人かがこの病気と分かったために、そのように考えられたとのことです。
今まで頭痛で受診した方の中に、もしかして娘と同様のケースもあるのではないか、娘の例が参考になればと思い、お伝えさせていただきます。  ころ様より


娘はその後も相変わらずの状態でおります。今は近所の主治医のみの通院となっております。多少の遠出ができるようになればと望んでいますが、外出すると頭痛が増すため、自転車で週一〜二回(二〜四時間)の外出にとどまっています。快方への望みが薄く心配です。経済的な圧迫も影響していることも考えられ、障害年金の受給を模索中です。社会保険事務所や主治医に聞いてみますと、受給資格はクリアしそうです。そこで相談ですが、障害年金の受給に伴う不利益が心配です。会員の方で障害年金を受給されている例をお聞きでしょうか。また受給による悪影響について何か参考になることがありますでしょうか。  ある家族より

《編集から:頭痛で障害年金を受給されている会員はまだいないと思います。障害年金の受給による不利益は特に無いと思います。むしろ受給できれば療養の助けになるのでぜひ取得してください。》


今朝NHK「生活ほっとモーニング」を拝見しました。頭痛を理解してもらうため義父母にも見てもらいました。坂井先生と秋山さんが出演されていて嬉しくなりました。とても分かりやすい番組でしたね。今まで会からの情報で知っていたことは復習になりましたし、今回、セロトニンの働きが特によく分かりました。  みこ様より


十年以上も薬を服用し続けていますが変化がなく、長い服用の不安とこれから先も続くと思う不安とが重なり合っています。特に時々来る後頭部からのフワーっとめまいのようになる事と、歩いている時の浮遊感がつらいです。生活環境を変えようと昨日から水中ウォーキングを始めましたが、今まで運動らしき事をしていなかったせいか、かなり疲れます。今は花粉症との両方で頭がモヤーっとしている状態です。先日NHKのテレビ見せてもらいました。  みよ様より


桜の花も散り葉桜になりましたが、暑かったり寒かったりの今日この頃です。友の会も発足から六年、随分頭痛に関しては世の中が変わったと嬉しくなります。読売新聞の医療ルネサンスを毎日楽しみに読みました。自家中毒の子供は片頭痛に移行し易いのだそうですね。びっくりしました。私も子供の頃や娘時代に何回かお医者様に頭痛の事を訴えた事はあります。が、結局は鎮痛剤を頂くのみでした。そのうち諦めてしまいました。私の住まいは地方です。頭痛に詳しいお医者様が近くにいらしたらと切に願う一人です。今日(四月二十四日)の新聞にもありましたが、頭痛の認定医がやがて公開される時代が来て、そして頼れるお医者様が近くにいて下さったらどんなに心強い事かと思います。これからも私たち頭痛持ちのために、その遺伝子をしっかり受け継いでいる世代のためにも会長さんの活躍を期待しています。  ちこ様より


私は薬以外に特に予防をしていると言えるほどのものはありませんが、六時間以上は寝ない、チーズは食べ過ぎない、炎天下は避ける、毎日忙しくする(?)等、一般的に言われているようなことを頭のすみにおいて生活をしているぐらいでしょうか? 片頭痛を引き起こすというものには近づかないようにしていますが、なかなか難しいです。  さこ様より


ご無沙汰していますが、その後頭痛はいかがですか? 私は、最近は少し落ち着いてきています。クリニックの待ち時間には初めて会った人とでも頭痛が共通の話題で友達になってしまいます。何故か楽しいひとときです。頭痛の対処法など教え合いしています。私にとってはマクサルト+ナイキサンはとっても合っているみたいです。またお会いしたいですね。 さの様より


相変わらず一日おきくらいに片頭痛でカフェルゴットを飲んでいます。会報には高齢になってきたら飲んでは「ダメ」と書いてあるのに、飲んでしまっています。ミグシスは却って痛くなるし、イミグランも殆ど効きません。会報で何人かの方がパキシルが効いたとのことで飲んでみたのですが、やっぱり痛い。 こひ様より


十七歳の息子が前兆(閃輝暗点・視野が欠ける)を伴う片頭痛です。発作は月に二回くらいの割合で今までは発現しています。いつも激しい嘔吐を伴います。私が薬剤師ですので、以前勤務していた医院の医師にお願いして、片っ端から片頭痛治療薬を試していっています。 かこ様より


読売新聞の「医療ルネサンス」、《頭痛の新常識》(四月二十三日付)と全く同じ状態で、どこの病院でも分からず、頭痛と目の奥の痛みが取れず、会社定年後も続き、心療内科で薬をもらっていました。起立性低血圧で倒れたこともありましたが、CTで脳梗塞が見つけられ脳の血流を良くする薬と血圧を上げる薬をもらったら、一遍に頭痛も取れ、目の奥の痛みも取れ現在に至っています。  みお様より


血縁者に複数の頭痛持ちが居りますが、発症年齢、頻度等で私が一番ひどいようです。長年の服薬で薬剤乱用頭痛ではないかと思います。  ひろ様より


二年前に脳梗塞を発症し、ずっと不明の頭痛が続いています。先月初めて半月以上、たぶん群発頭痛だろうと思われる激痛が連日続いている時にこの会のことを知り、知る前までは「なんで私だけがこんなことになるの?」と毎日つらくて悲しく思っていましたが、会報を読んでいるうちに同じような痛みで苦しんで頑張っている人が他にもいるんだ!と分かってからは、すごく気持ちが落ち着いてきました。まだ全部は読んでないのですが、この病気の勉強をしていろいろな情報を取り入れて少しでも良くなればと思います。  かり様より


43年間頭痛に悩まされていますが、60歳を過ぎれば症状も軽くなるのでは?という期待もむなしく、頭痛の頻度は衰えません。中途失聴、聴力障害者(頭痛とは関係なし)になりまして、頭痛っ気がある時の耳鳴りのひどさ、甘いものの摂り過ぎで心臓、胃の障害と副作用も広がっています。会報誌を読みましたが薬の依存症のようですね。頭痛っ気が無い時は、とびっきりの元気者です。  きこ様より


頭痛友の会があるくらい、全国には頭痛の人がたくさん居るのだとびっくりしました。私はもともと若い頃より頭痛持ちだと思ってました。ところが50歳位のとき心臓カテーテルという検査をした頃から、急に目がチカチカした後に片方だけ頭痛がするようになりました。いろいろ脳波をとったりしましたが異常なしです。これからも情報をお待ちしています。  よつ様より


「友の会だより」等さっそく送ってくださり、ありがとうございました。私は今まで緊張型頭痛ではないかと思っていましたが、資料を読みますと片頭痛のような気もします。これからセミナーなど機会がありましたら、是非参加したいと思います。  くこ様より


早速「友の会だより」読ませていただきました。自分だけがつらいのではなく、私よりつらい人やいろいろなタイプの頭痛の人がいらっしゃることを知りました。まだまだ自分は無知だと思いました。自分がどういう頭痛なのか把握して、自分とうまく付き合っていけたら必ず良い方向へ向かうと信じています。  ゆみ様より


たくさんの資料をありがとうございました。まだ全部は読んでいませんが、大変参考になることがたくさんあり、嬉しいです。私は7か月前から首にレーザーを当てる治療を始め、とりあえず切れ目のない頭痛からは脱出できたようです。皆様にお会いできる日を楽しみにしております。  こう様より


入会させていただき、ありがとうございます。頭痛が病気として扱われ、このような友の会が存在する今に慢性頭痛になったのは、ある意味幸いなことですね。一人で苦しまずに済むし、対処法を知ることが出来ますから。QOLの向上を目指して勉強させていただきますので、よろしくお願いいたします。  かみ様より


いつも会報ありがとうございます。とてもためになり、毎回楽しみに待っています。  こお様より


まだ毎月2回は出ます。少しでも良くなるようにがんばっています。副作用で薬が飲めないのでつらいです。  こい様より


いつもありがとうございます。昨年はなんとか何日も寝込むこともなく、過ごせました(薬のお世話に、かなりなりましたが)。今年もぼつぼつがんばります。  こみ様より


いつも貴重な情報ありがとうございます。おかげさまで対処方法がうまくなり、三度に一度は切り抜けられる術を会得しました。  こぶ様より


二〇〇四年度もよろしくお願いいたします。二〇〇四年度は厄年ですが、厄を吹き飛ばすぐらいの強い気持ちで頭痛も一緒に吹き飛ばしたいと思っています。皆様が一日も早く元気になりますように心から願っております。  りこ様より


初詣で家族の健康、世界の平和を祈りました。私の頭痛の軽減も毎度のことですがお願いしました。会報で頭痛のこと、薬のこと、年々知識は深くなりますが、痛みの方は軽くなってほしいものです。  こよ様より