お便り紹介


全く頭痛が無くなったわけではありませんが(今も右の首筋から頭がカチンコチンですっきりしていません)、激痛に転げ回ることを100とすると、50くらいでどうにか治まってくれています。薬は止め、ハーブティーと噛み締めを注意し、全身のマッサージに通い、私なりに良いようです。二泊三日の京都旅行にも挑戦し(夫と2人で)、けんかもせずに帰って来られました。続けばいいのですが。   よし様より


昨年7月より都内大学病院にて、ある種類のトリプタンの治験を2回うけました。イマイチ効きませんでした。MRI検査もすべて異常なしで、混合型と分かりました。今は予防薬を毎日のんでおり、多少は発作が和らいで来ました。今年2月に通院中に発作が起こり、イミグランの注射を打ち、1時間で治りました。二十数年の中で初めて治った薬です。たまたま受診の時で良かったと思いますが、家で発作が起きた時は、全然役に立たないと思います。大学の先生も頭を悩ましておられました。せっかく巡り合えた薬なのに! (注: 現在はイミグラン、ゾーミッグのそれぞれ飲み薬が使えます。)   よし様より


会のおかげで去年2月より東京女子医大の清水先生の診察を受けようと決意でき、3ヶ月ほど通院し、清水先生には大変お世話になりました。お薬よりなにより、先生にお会いするだけで痛みが軽減したのではないか、と思ったほどです。  ゆう様より


13号、ありがとうごさいました。私は出産後慢性的な緊張型になり、頭痛に効くことは何でも試してきました。東京のあっこさんと同様、朝から痛いと本当に憂鬱。人生、損をしているな、と常々思います。今日は大したことはなさそうだから、クスリはがまんしましょう、と思って飲まずにいても、痛みがひどくなることを恐れて、家事も仕事も中途半端。だったら、サッサと薬を飲み、バリバリ行動した方がよかったのに、また1日を無駄にしてしまった・・・などと、自己嫌悪や後悔の連続です。
と言っても鎮痛薬を飲んでばかりでは、もっといけないのですね。ところで、先月からローヤルゼリーを飲み始めてみました。あまり期待はしていませんが、「頭痛が減るよ。」 と聞いたもので。でも、これって、結構高いのですね。またお金がかかりそう。フゥ〜・・・。  ゆか様より


最新号の会報届きました。いつもながら充実した内容ときちんとした体裁で、編集者の力量がうかがわれます。私自身編集の仕事をしてまして、以前はミニコミ誌の発行にも関わっていたので、「友の会」の会報のレベルの高さには感謝しています。行政への申し入れなど、積極的に行動してくださっていて、痛みを抱えながらのご努力に感謝いたします。   ちず様より


夫と清水先生のところへ行ってきました。まだまだ頭痛は続いていますが、死ぬことしか考えられなくなっていた私が、また治るためなら何でもしよう、と言う気になりました。   じゅん様より


入会させていただき、娘と共に大変嬉しく思っております。これから先、たくさんお世話になることと思いますが、会員の皆様と共につらい痛みを乗り越えて行きたいと思います。日々悩まされているこのつらい頭痛を、同じ悩みを持つ方々と情報や意見を交換し、娘の頭痛軽減に少しでも役に立つよう、親としても努力したいし、また、とかく落ち込みやすい痛みに対し、プラスの思考を持ってみたいと思います。   くみ様より


心療内科へ行けば抑うつ症と言われ、整形外科では首の変形と言われ、何が何だか分からなくなりました。うつ病の薬は全く効き目が無いし、憂鬱感とか気が滅入るなどと言う事はないのです。良い医療機関を載せていただければ有り難いです。   あや様より


「友の会だより」13号P61のとし様へ。私もよく担当の先生以外 or時間外 or祝祭日等の時、救急扱いでお願いしてますが、この時イミグランを打ってもらうには、日頃から担当の先生にお願いして、先生不在、救急時もイミグランを打ってもらえるように、カルテに大きく書いてもらうようにすると良いです。
私も第一ページに大きく「イミグラン可」 みたいにハンコが押してあるようです。これはよく救急で受診する人からのアドバイスです。そうしておくと随分気が楽ですよ。先生にお願いしてみてください。   ゆき様より


「友の会だより」を見て自分と同じ辛い頭痛を持っている人が多く、びっくりしています。頭痛講演会などにもこれから出席させていただきたいと思いますので、どうぞ宜しくお願いいたします。   まつ様より


毎回心あたたまる「友の会だより」の発行をありがとうございます。こちら福岡は久しぶりに春うららと思える日になりました。これで体調が良ければ上々なのですが、いつもの頭痛は少し落ち着いても、更年期も手伝って体中がワナワナします。家族にはもう少し理解をしてほしいと願っているのですが、一番若い私がこうなので嫌がられているようです。やさしい言葉一つでワンステップ上れるのに…。   みま様より


「ニューウエイズ」という会社をご存知ですか。パンフレットの中に「ミグラリーブ」という名前のサプリメントがあり、「おや!?」と思いました。ナツシロギク・ローズマリー・ペパーミントから作ってある、とありました。これも個人輸入のようです。「エンダウ」という塗るホルモンのクリームも勧められています。頭痛も効能の中にあるようです。何が自分にとって必要なのか、体が必要としているか、見極めるのは難しいですね。   めぐ様より


宮城は今がやっと桜が咲き始めたところです。あれから一ヶ月半も過ぎ、やっと頭痛のほうは良い方向にいっていると実感しています。セデスGがあんなに悪影響を及ぼすものだったとは知りませんでした。あれほど毎朝、目が醒めると痛かったのに、今はスッキリといかないまでも余り痛くなりません。薬の「依存症」になっているとは、自分ではわからないものですね。
小山で清水先生に診察してもらって分かったことは、右の目と鼻の間が痛くて右側の頭が痛かったのは、そこが悪いとのことで、先生に治療していただいたら治りました。思い切って入院して良かったと思っています。遠いと思った小山は今は近くに感じています。   とも様より



昨年はいろいろあって夢中で過ごした反動か、今年は連日の頭痛でしたが、テラナス服用を病院で強く勧められて二週間余りとなり、片頭痛が三月に入り治まりました。低血圧の症状は今の所なく、ちょっとトンネルを抜けたかなと思っております。肩左右、首にミニホカホカを貼ること八日目。低温ヤケドで皮が剥けて血が出ていますが、頭痛が三日続けて起こらず、ガーゼ、ハンカチの上からマフラーを巻いてホカホカ温めています。   あい様より


「友の会だより」 まだ全部は読めませんが、半分ほど読みました。なにしろ虫眼鏡を追いながら、読んだところは線を引いて読んだところを確かめておきます。夜中眠れないとき、二時から五時くらいに読みます。それも頭が痛くない時にします。清水先生のお話はっきりと分かります。それを整理して「友の会だより」に出してくださる関係者の方々、本当にご苦労様です。ありがとうございます。   かな様より


会報は届くたびに、すみからすみまで読ませていただいております。私も相変わらず頭痛から開放されることはありませんが、仲良く付き合っていくより仕方ない、と半分あきらめております。我が人生は痛い痛いの人生だったかな、などと思ってしまいますが、居直って残りの人生を過ごしたいと思っています。   はる様より


皆、一人でどうしたらいいのかと悩んでいることが、会報等で救われるので感謝感謝です。こちらも日によって体調がいろいろで、頚椎の異常が見つかり、四十肩が始まってからは、かつての片頭痛らしい(?)ものから随分頭痛も変化し、かつ、手にも背中にも別の痛みが出たりetcで、日々の状況が読めない感じです。   のり様より


友の会の便りに「良くなった」「軽くなった」 と喜んでおられるのを読むと、いいなあと羨ましく思います。頭痛専門の先生方がおられるのも田舎では難しく、東京あたりの方は恵まれていると思います。私は一ヶ月前までは尿の出を心配して、抗うつ剤を1錠しかのんでいませんでしたが、思い切って2錠に増やしましたら、尿の出は変わりませんでした。朝のうちはまことに良く、安定剤も時に抜く事があり、やはりトリプタノール25mgは良いように思います。   とく様より