お便り紹介


閃輝暗点の前兆があり、しびれも出る片頭痛です。発作のとき救急車で某医療センターに運ばれましたが、私が若いせいか、「歩けるのに、こんな所へ来るな。」 と言われ、精神科に回されました。とてもショックでした。  とひ様より


私は何回か救急車のお世話になりました。タクシーや家の車では渋滞に巻き込まれた時、大変辛い思いをしますが、救急車はその点で助かります。救急隊員の方も、酷くなって吐くようになってから周りの人に迷惑を掛けるより、早めに呼んで欲しいと言っています。  まき様より


夏号、「お便り紹介」欄の神奈川の、ゆこさん、救急車利用について私の経験・考えをお話しします。救急車は迷わず遠慮せずに呼ぶべきです。私は一昨年、昨年それぞれ1回、いずれも夜間活用しました。その時家内が救急車で病院に来ることについて申しわけなさそうな言葉を言ったのですが、病院の先生は、「悪い時は、すぐ来ればよい。その方が安心でしょう。」 と言っていました。
救急隊員の方も嫌な顔一つしません。電話したら大体5分くらいで駈けつけてくれました。頭痛・嘔吐は辛いものです。制度は活用したらいいと思います。
なお、余談ですが私の場合、私自身の希望ではなく、家内がしびれを切らして我慢出来なくなり、救急車を呼びました。病院へ搬送される苦しさと病院での検査・チェックが耐えがたく、私は二度と救急車に乗る気はしません。  まさ様より


昨日は交流会に参加させていただき、ありがとうございました。普段の会社生活では、“自分だけ”という思いや、周囲の病気のことを知らない方々とは会話も減り、疎外感を感じることも多いだけに、同じように頭痛で悩んでいる方々の話をお聞きして共感したり、“悩んでいるのは自分だけではない”という思いを強く抱くことが出来ました。  たか様より


今日はありがとうございました。自分と同じ症状の方のお話を聞くにつけ、自分は異常なのでは無い、という思いがして、それだけでもとっても気が楽になります。今日いらしていた方々の緊張型頭痛のお話をうかがった限りでは、直接的な原因と具体的な症状に違いがあるとはいえ、直感的には、自分と全く同じ状態だということが良く分かりました。
また、片頭痛の方のお話を聞いていると、緊張型の頭痛であるはずの自分にも、結構思い当たる節があり、考えさせられます。  とき様より


会報のおかげで、イミグランの情報等詳しく知ることが出来ます。現在はイミグランの副作用が、強く出るようになってきましたので(倦怠、手足の冷えなど)、ゾーミッグに変えました。薬効も副作用もゆっくり穏やかに現れるようです。  ひさ様より


イミグランは1錠が2000円くらいと聞いていたので、1000円ちょっとの薬価は少しホッとしました。実際に患者負担はどれくらいかは分からないですけれど。  ただ様より


先日のさいたま交流会、雨のせいでしょうか、少人数で残念でしたが、皆さんのお話を聞きまして私はまだ軽い方なのかな、と感じました。でも、毎日のように頭がすっきりしないというのも、辛いものがあります。皆さん趣味に没頭したり、軽いスポーツ(ウォーキング)をしたり、家族との触れ合いを大事にされるなど、明るい表情で励まされました。今回初めて交流会に参加させていただきましたが、また機会がありましたら是非出向きたいと思います。  のり様より


私ごとですが、間中先生から3カ月に1回通院するようにと、その間2回は投薬を申し込んで送っていただくことになりました。お蔭様で、信じられないくらい体が良好になり、毎日何の不安もなく、順調に過ごさせていただいております。  ふじ様より


入会案内ありがとうございました。長年悩まされていた頭痛の解決の光が見えてきた思いです。私もたくさんの病院をまわり、薬を飲み、3度の入院も経験して来ました。テラナスとイミグランの内服薬も処方していただき、今はめまい、不安感対応のデパスを飲んでいます。10代の頃は、生理痛としての頭痛だけでした。セデスGで軽快していました。時々、閃輝暗点がありました。その頃は、それが片頭痛の前兆とは知りませんでした。  さえ様より


インターネットでこちらの会を知りました。冊子を読ませていただき、「あっ、これもそう。これもそう。」と思うことばかりで驚きました。私は混合型頭痛に加え、アトピー性皮膚炎も持っていますが、「痛み、かゆみ」とあんまり仲良くしないで、付き合っていかなければと思っています。「頭痛外来」のある病院を捜していますが、全国の頭痛専門の医療機関を知りたいです。  ゆう様より


悪いことは承知しながら、1ヵ月に少なくても30回以上(1回2錠ですので、月に60錠以上)、市販のセデスを服用しておりました。入会して会報を拝見しておりますと、断薬しなければ、と思いながら、あの辛さを思うとつい薬の誘惑に負けてしまいます。
早めに1錠飲めば、あと2錠も3錠も飲まずに済むので、1錠くらいならと自分勝手の考えで連用しておりました。それで今回、一大決心をして断薬に挑戦し始めました。「友の会だより」に参考になったり力づけられたりで、次号をいつも楽しみにしております。  たあ様より


私は混合型のようで、坐薬とゾーミッグを使い分けています。9月は11回、頭痛がありました。クリアミンはもう飲んでいませんが、ご指摘いただきましたように、リバウンドに何回か苦しみました。  あこ様より


体の調子が悪いため、実家の近くに引っ越しました。でも、今はイミグランとゾーミッグがあるため楽です。公開講座や交流会等に行きたいのですが、子連れでは無理ですか?  ペインクリニックに通って半年になります。薬はテルネリン、テラナス、イミグランまたはゾーミッグを服用しています。テルネリン、イミグランまたはゾーミッグは効き目が見えるのですが、テラナス(4錠/日)とブロックの効き目が分からず、頭痛も毎日あります。先生は、教科書的には効果は出るはずなので続けよう、と言っていますが、ほかの先生からブロックは止めなさいと言われ、悩んでいます。
また、子連れのため長時間の通いは辛く(帰りに必ず頭痛)、コロコロ変えるのはよくないのかも知れませんが、子供が大きくなるまで近場の病院にしたいな、と思っています。たくさん有る病院のどこへ行けばいいのか分からないのですが、皆さんはどうやって病院や先生を決めているのでしょうか。  ゆー様より  


「はなまるマーケット」に秋山さんが出ていたのでびっくりしました。最近、頭痛の事がテレビや新聞に出て来るようになり、よかったですね。先週の水曜日は「ためしてガッテン」でも頭痛をやっていて、食事療法と散歩で片頭痛が治りつつある、という男性のお話があり、とても参考になりました。
先日、「イミグラン錠」を初めて出してもらいました。先週、2日間にわたり痛くなったので、1日目は我慢したのですが、2日目にとうとう1錠のみました。1時間弱で効きました。でもなるべく、薬に頼らずに、と思っています。  よこ様より


「はなまるマーケット」の中の頭痛特集、<タイプ別頭痛対処法>は、とても分かりやすく、ためになる番組でした。私にとって興味を引いたことは、私が緊張型頭痛にぴったり当てはまること、だったのです。肩凝りが僧帽筋にも及んでいて、誰に教わったのでもなく、首の上下運動、スットン体操、ヒジテツ運動を本能的に続けていたのですが、どうも私は温湿布の方が良さそうです。
ドクターが「片頭痛は立派な病気です」 とキッチリ公言されたのは、インパクトの強いものでした。  ひと様より


いろいろな方の体験談など、また自分自身の頭痛の事と照らし合わせたりして大変勉強になりました。今までどうして痛くなるのか、お薬の事などわからない事も多く、とても不安でしたが、少しだけ勇気が持てた気がします。
今日サプリメントのミグラリーブが届きました。早速飲んでみました。なんとなく効いてるみたいです。ほんのちょっと、かすかに痛いのかな?あれ痛くないのかな?くらいで、まだ1日だけなのでわかりませんが、うれしいです。ありがとうございます。  えつ様より


ある大学病院の婦人科に入院しましたが、そこで、毎日のんでいるテラナスが神経内科でしか処方できないと言われ、唖然としました。それでは、婦人科(及び他の科でも。多分脳神経外科では処方出来ると思いますが)の医師が、例えば生理に関して片頭痛が起こると訴える患者さんを前にしても、塩酸ロメリジンを試してみることは出来ないわけですね。その患者さんが神経内科を受診しない限りは。婦人科の医師は、やはり患者さんから頭痛の訴えを受ける事が多いと思います。私が話したのは数人の医師だけですが、片頭痛に関する知識は一応持っておられるようです。でも、せっかくの良い薬が使えない状態では・・。
この事実が、この病院の神経内科以外の科の医師が、塩酸ロメリジンが自分の治療に必要だと思っていないということの反映だとすると、なにかしら暗澹たるものを覚えます。イミグランやゾーミッグは専門的知識が要ると思いますので、神経内科・脳神経外科のみ処方可に制限してもよいとは思いますが、塩酸ロメリジンはどうなのでしょうか。  みー様より


イミグランはとてもよく効く薬でした。ただ、首筋から肩にかけての筋緊張と吐き気の増強、胸部圧迫感の3点セットにはかなり驚きました(ちゃんと飲んだのはまずかったかな? と心配するほど)。その症状も4時間くらいすれば治りましたけれど、3日間続く地獄のような苦しみからやっと解放される時がきたんですね! 緊張型の方も持っているので、そちらの薬も今後開発されていくことを期待しています。  みち様より


「友の会だより」夏号の「風邪薬の頭痛転用」を読んで、全く私と同じで、パブロンSゴールド錠を飲んでいる人がいるのだと思い、初めて副作用に関心を持ちました。  ふみ様より


「友の会だより」も初めの頃は読むのでさえやっとで、返事とか頭痛日記とかも書きたかったけど、とても無理でした。こういう痛みを持っていたら、皆さん自律神経失調症やうつ病になるのは当たり前だと思いました。パートやアルバイト先で「ヘンな人」 とレッテルを貼られ、いじめも受け、体重も10キロ落ちたりしました。現在はその長いトンネルを抜けつつあるように思えます。もう1年間も、何も仕事をしていません。  まみ様より


友の会だより、ありがとうございました。超不調だった7月と比べたら、8月はなかなか好調です。頭痛信号をキャッチしても、グッと我慢して鎮痛剤をのまずにいたら、痛みが引いた日が何日かありました。でも今月は仕事も忙しくなかったから、鎮痛剤を我慢してみようという気になったけれど、仕事の締め切りが近い時だったら、もう即、鎮痛剤!!だろうなあ。  ゆか様より


出来れば1時間以内で通院出来る親切な病院が知りたい。会報に載っていた病院に問い合わせてみたいと思う。また、ぜひ地方でも会の開催を!


若い人が増えてくれるとうれしいです。


頭痛に悩む人たちとの交流会をやって欲しい。痛さを鎮める方法を知りたい。


いつかぜひ、緊張型頭痛についての講座をお願いします。片頭痛は血管が拡張するということですが、では緊張型は血管が収縮して頭痛が起こるのでしょうか? そもそも頭痛の起こるメカニズムはどうなっているのでしょう。緊張型の人は、ワインやチョコレートもOKなのでしょうか? 毎回中身の濃い「友の会だより」で、ずいぶん色々な知識が得られ感謝していますが、やはり片頭痛の方が多い気がして、緊張型についても、もっと知りたいと思います。


ここ1ヵ月半ほど、頭痛日記で言うところの、7以上くらいの「もう助けて」 というほどの痛さはありませんでした。7月から9月初めまで結構ひどい頭痛があり、こんなにラクに過ごせたことはあまりなかったので、すごく嬉しかったです。頭痛肩凝り体操は、5以下の時にしか試しませんでした。


漢方薬を煎じて1日に3回飲んでおります。以前よりデパスの使用量が少しは減りましたが、依然として頭痛は続きます。


夏号の金先生の講演記事、清水先生・金先生の回答、とても参考になりました。


毎日のように頭痛があり、鎮痛剤が手放せない状態でしたが、ゾーミッグを貰ってからは、いざと言う時の特効薬が手元にあると思い、安心したせいか、鎮痛剤もあまり飲まずに冷シップなどで我慢出来るようになりました。この状態が続いて欲しいと願っています。


イミグランを初めて服用しました。飲んでから1時間でかなり良くなり、2時間で完全に回復しました。ただ、翌朝、前日より酷い頭痛がぶり返しましたので、一応前日の服用時間から24時間空けて、更に1錠のみましたら、この2度目も2時間で痛みはなくなりました。ぶり返しはありませんでした。副作用と言えるかどうか分かりませんが、頭のてっぺんを圧迫するような感じ(痛みは無し)がありました。


いつも会報をありがとうございます。大変参考になっております。待ちに待った新薬の承認とありましたが、9月現在も未だ病院にて処方されません。いろいろと段階を踏むので、実際患者の手に渡るのはとても時間がかかるとのこと、じれったい思いです。


頭痛と闘う毎日ですが、なんとか生活しています。最近、薬の副作用などの記事を見て、自分も長く薬を飲み続けているために痛みから逃げられなくなっているのかも? と思っています。会報にも「2週間ほど我慢すれば、だいぶ改善してくる」とのお話があり、頑張ってみようか・・・とも思いますが、やはり痛みに負けて、また薬に手がのびています。


以前のような酷い頭痛は子供の頃からで「こんなもんだ」とか「他の人も、もっと酷い人が居るに違いない」と思
い、仕事も出来ていたけど、自分が結構重症だったと知った今、以前のような頭痛が来たら仕事が出来ないと思いま
す。あの頃はよく耐えて頑張っていました。トラウマでしょうか。


検査の結果は思っていた通りのものでしたが、友の会で勇気付けられ、頭痛も耐えられます。


「友の会だより」 有意義に読ませていただいております。私は、理由はわかりませんが、3日に1日は、朝、目が醒めると頭痛がします。薬は飲まず、朝、体を温める(お風呂で)ことで頭痛が取れ、元気に働いております。頭痛体操は気持ちよいです。


はり、漢方薬、健康雑誌に記されている、つぼ、テープ、貨幣貼り等は、一部の人には効果のある場合もあるかもしれませんが、一般的には効果は無いのではないかと思います。効果があるなら、頭痛で苦しむ人は大幅に減っていると思います。やはり現代医学、医薬ではないでしょうか。


頭痛友の会のインターネットのホームページのBBSですが、群発頭痛・片頭痛・緊張型に分けてほしいです。


頭痛公開講座に出席したいのですが、主婦をやっていますと、夕方帰って夕食等の用意があり、帰宅してすぐキッチンに入らなければなりません。すると、また頭痛がきます。開講の時間を午前中からやっていただきたい。


残暑お見舞い申し上げます。ご無沙汰いたしております。秋山様のおかげで毎日快適に過ごしております。入院時は52kgだった体重が58kgに増えました。ごはんがうまい!


中国地方に支部があればよいのですが。


友の会の会合に最近参加できていませんが、10月に埼玉で交流会があると聞き、できれば参加したいと思っています。最近処方されるトフラニールの量が減り、わずかながらも快方に向かっている気がして嬉しいです。


「友の会だより」ではいつもお世話になりありがとうございます。会報を読むたびに元気づけられます。少しずつですが、頭痛とともに仲良く付き合っていけたらいいなぁと思っています。


季節の変わり目は特にひどく、また暑いとだめでした。10年前よりクリニックに通っていましたが、改善されないのでカウンセリングを受けながら、頭痛・下痢・パニック障害の治療をしています。


北里大学の坂井先生に処方していただいた薬、最初はルボックス、そしてパキシルを飲んで約1年が過ぎました。現在はパキシルを夕方に1錠飲むのみで、頭痛の無い日が多くなり、好きなこと(水泳・山歩き)と65歳の青春を楽しんでおります。平成13年5月より近くの病院で薬を頂いています。


私は姿勢が悪いのですぐに肩がこり、頭痛になってしまいます。できるだけ体操をしようと思います。


友の会だよりが届くのをいつも楽しみにしています。健康法がのっていたので、興味深かったです。最近寝付きが悪かったのですが、放下着をして丹田呼吸をすると、とても気持ちよく寝に入ることができました。


秋山様はお元気でこの会でご活躍いただき、私には本当に有難く励みになります。私の身上便りもしたいと思っております。


会員名簿で2人の方とお話ができ、お互い励まし合うことができ、状況を考慮しながらまた連絡をとるようにしましたので、お互い大変心強く感じ合うことができました。清水先生のおかげで、最近は大分落ち着いて生活でき、感謝しております。


友の会だより、毎回楽しみにしています。大変だと思いますが、これからもがんばって下さい。


ご無沙汰しています。最近は寝込むような頭痛もなく、過ごしております。この会に入ってから本当に少なくなりました。


セミが鳴き、赤トンボがとんでいます。夏と秋が綱引きをしているようです。早く秋に勝ってほしい!


片頭痛に、今はやりのカイロプラクティックは効果があるのでしょうか。教えて下さい。


昨年3月に入会させていただきました。公開講座への参加、会誌等により、いろいろ参考になる知識を得ることができました。会長をはじめ役員の方へ深く感謝申し上げます。


ご無沙汰しております。今年は例年にない暑さで皆様の頭痛はいかがですか。4月よりセデスGを出してもらえなくなり、私の命の綱である薬が使えなくなりました。清水先生から、「代わる薬が効かなければ、コーヒーをたくさん飲めばいい。」 とあっさり言われ、頭痛持ちでない方にはお解り頂けないのかと随分悩みました。
ところがそう言われてみて自分がどんなに先生に甘えていた事か、と気が付き、自分で出来る事はどんな事でも、と色々とためしてみましたところ、7月16日よりセデスを全く飲んでいません。先生のおかげです。


頭にくぎを刺して血を抜いたら痛みがとれるのではないだろうか、と毎日思うこの頃です。ゾーミッグ、D.H.E.45が効かなくなりました。お先真っ暗です。又、中国地方でも是非交流会等を行って欲しいものです。


混合型ですがどこに原因があるのか解らなく、痛みがとれたのに頭痛が芯に残っている場合、人に会うとか外出(遠出)ができずに困っています。ちょっとしたきっかけで痛みます。


先月中旬、生理と重なって、ひどい片頭痛でした。おかげで見たい野球(選手)の試合がパーとなり(チケットは長男に譲ったので損はしていないのですが)、ガックリでした。頭痛になってから損をすること、多いですよね。ミグラリーブは、割といいかな、という感じです。


暑い中、本当にご苦労様です。時々、仲間の人たちから電話を頂いております。現在、気功(腹式呼吸)をやりはじめました。自分には合っているような気がします。


ときどき頭の表面が痛くなり、たまらなくなってペインクリニックを受診。自律神経が不安定なため起きる、と言われました。肩こりもあり、リハビリで電気をかけてもらったり、首にレーザーをあててもらったりして、少し楽になった気がします。気持ちをリラックスさせるのもいい方法です(これが一番かしら?)。


一生頭痛と付き合っていかなければならないのか、と半ばあきらめて、いろいろなことに積極的に挑戦できないでおります。小さいことにはちょっと試してみたりしますが、どうしたらという結果が得られません。


「友の会だより」を、いつもくるのを楽しみにしています。私は50歳までは片頭痛でしたが今は緊張型頭痛になり、ただ冷やして寝ているのが一番良いようです。体験談はとても楽しみで、一番早く読んでしまいます。片頭痛のお話が多く、緊張型頭痛の体験なども載せていただきたいと思います。


年齢を重ねるにつれ、ひどくなる一方。3日間寝込む頭痛が月3度。人生、すごく損をしている気分です。何とか前向きに、明るく生きたい。秋山さんも総会のたびに頭痛がひどくなるのでは、と思っています。つらいし大変ですよね。私は会報を読んで元気をもらっています。皆が応援しています。


フラメンコのように肩・腕を上げると楽になり、食事も野菜をたっぷりにし、運動や入浴も良いようです。ラジオ体操もしています。ここ1カ月位はおさまっていますので、あまり無理せず自分の好きな範囲で行動し、有意義に暮らしています。


現在、清水先生から処方していただいている薬で楽になり、感謝しています。


首筋がこっている時は、金魚運動のマシーン(通販で7〜8千円)で、30分足を左右にユラユラやるとスカッとします。ミグラリーブは2カ月飲んでみましたが、まだ効果は得られません。この夏は暑かったので片頭痛が酷かったです。


年齢と共に頭痛も変わり、この8月は頭痛回数も少なく、怖いくらいです。最近習慣にしているのは朝起きてすぐ手を水で冷やす、夜お風呂上りにふくらはぎから下にシャワー(冷水)をかけること。雑誌に載っていた方法を参考にしました。


6月に清水先生に診察していただき、リボトリールを服用するようになってからは、疲労時は週に3〜4回ナロンエースを使用することもありますが、平均して週に1〜2回で済むようになり、5〜6年間ナロンエースを毎食後服用する依存症から解放されて心より感謝しております。


股関節の手術のため入院し、手術後片頭痛発作がおき、他の患者さんの化粧品の香りで気分が悪くなり、3日間辛かった。香りが強かったためドアを開けても残り、食事もできなかった。看護婦さんは理解してくれた。


会社在籍中は頭痛回数は週に3〜4回、退職後しばらくは在職時と同じ回数。6月よりスポーツを始めたところ、ぴたっと減り、今では月2回です。


セデスGがとてもよく効いていたのですが、販売停止になってしまい他に効く薬が見つかりません。似た成分の薬があるようでしたら教えて下さい。


カレンダーに頭痛時の薬の服薬回数をつけるようになり、「若い時と違い、疲れると決まったように頭痛があるようだ。」 ということと、「自分の生活のリズムをしっかり知り、コントロールすることが大事。」 と感じています。服薬回数を減らすことができ、ずいぶんと楽になりました。薬の副作用の怖さを痛感しております。
現在51才、12才からの頭痛歴で、ことに40才位からがひどく、薬の服用回数も年々増え、昨年初めて大阪交流会に参加させて頂きました。これを機に、服用を注意するように心がけましたところ、気づけば最高が月に60回以上が、今年は激減、月3回位に減りました。
更年期の身としては生理中の頭痛はやはり酷かったと思います。今はやっと薬から解放された思いでいます。友の会には心より感謝しております。


「友の会だより」は内容がだんだん良くなり楽しみにしております。


市販のイブAを併用したところ、カフェルゴットの量が1ヶ月に15錠に減らせました。この方法がよいのかわかりませんが、まだカフェルゴットよりはいいだろうと思い、続けています。なかなか子供も授かりませんし、相変わらず何かしらの薬を飲む毎日で気持ちも滅入ってしまいますが、会報を読んで力づけられています。


外来で初めてイミグランの注射を打って頂きました。緊張型の他に片頭痛もあったようです。


毎月生理時の片頭痛に悩んでいます。8月は痛みがゆるく喜んでいたのですが、坐薬(インドメタシン)をだらだら使ったのがいけなかったのか、2週間痛んでしまい、そのうちの1週間は寝込んでしまいました。お盆にふらふらの状態で病院に行き、緊張型頭痛の薬(デパス・ミオナール)でようやく落ち着きました。とうとう混合型かと、とても落ち込んでいます。


5〜7月は頭痛も無く、あっても本当に軽いもので3ヶ月に2回しか薬に頼りませんでした。これで頭痛にサヨナラできると、喜んでいたのですが、このところまたひどくなって2〜3日に1回服用しています。


「頭痛公開講座」「交流会」等、出席することを心がけていますが、「友の会だより」が何より安心感もあり、納得して拝読しています。