お便り紹介のコーナー     


私は生理時の頭痛がとてもひどく、辛いです。同じような方のお話が聞きたいです。  いず様より


群発頭痛についての情報がもっと知りたいです。  ゆり様より


今回入会させていただきありがとうございました。会報その他、参考になります。
私も最近頭痛回数が多くなり、薬の効果も薄れてきています。新薬の使用できるのを期待しております。厚生省への要望を引き続きお願い申し上げます。 まみ様より


新聞で友の会のことを知り、この度入会させていただくことになりました。会報を読ませていただくと、もっと大変な症状の方のお話に驚いています。
私の場合、それほどひどくないにしても、頭痛が起きたときの辛さは、家族の者にさえ理解してもらえない辛さ、と言えます。 じゅん様より


9歳の娘と3歳の息子の母親です。息子が大変な腕白で毎日戦いです。今後いろいろな情報をよろしくお願いいたします。  あみ様より


お忙しい中、冊子を送っていただきありがとうございました。とても為になりました。辛い思いをされている方が私の他にもおられるのですね。
私は重症の頭痛もちですが、これからいろいろな方の意見、体験など参考にさせてもらって、少しでも良くなればと思っております。 かこ様より


一人で悩んでおりましたが、入会させていただき、心強くなって喜んでおります。 とこ様より


頭痛の日は食事も取れないほど痛みます。この痛みから解放されたらもっと色々なことを積極的に楽しめるのに、といつも思っています。少しでも軽くなる治療法はありませんか?   しっちゃん様より


頭痛ほど苦しい病気はない、と思っております。病院に行くと 趣味などしなさい、と言われ、痛くなければ趣味も出来ますが、 頭が痛くなければ病院には行きません。全然理解がありません。 しこ様より


友の会だよりを拝見いたしましたら、苦しんで日々暮らしている人が多く、私はまだ軽い方だ、と勇気がでました。自分の力で改善できる部分があると気づきました。 ちる様より


北里の坂井先生に診ていただくことができました。とてもよい先生でした。このような先生に巡り合えて感謝しております。 よっちゃん様より


先日は第3回公開講座に出席させていただきありがとうございました。初めて参加させていただき大変勉強になりました。先日のお話は、私の長い頭痛歴の中で勉強して得てきたものに思い当たる事が多く、納得いたしました。
友の会の存在を知り、苦しんでいる人がいかに多くおられるか、わかり、大変心強い思いがしました。入会はしませんが、この会の今後のご発展を心よりお祈り申しあげます。 みこ様より


清水先生に診ていただいて本当によかったと思います。生活の改善、規則正しい食生活、三回きちんと食べる、夜早く寝て、朝早く起きる、人との交流の場を多くするよう考える、などなど注意されました。
医療技術の水準の高さはもちろんですが、本人の性格や暮らし方までこれほど踏み込んで考えてくださる先生にお目に掛かったことはありませんでした。どこまで生活が変えられるか、親子ともども大きな課題です。 さこ様より


先日の電話の際にはご親切なアドバイスをいただきまして、ありがとうございました。先日の交流会に思いきって出席させていただいて、やっと一歩踏み出せた思いがします。 せっちゃん様より


私の頭痛も、毎日毎日薬を飲まないと治らないので、いつもは市販の鎮痛薬で、それでも治らないときはカフェルゴットなど使用しますが、時々それでも止まらず、吐き気があったりします。頭痛だけで好きな時に好きな所へ出かけられず、自分に腹が立ってしまい、ストレスになってしまいます。
そして一番辛いのは、匂いに敏感になり、特に香水、シャンプー、リンス、入浴剤、化粧品などの甘い匂いが頭痛を引き起こしてしまうので、デパートなど賑やかな場所などに出かけるときは、スプレーして防いでいますが、家族には分かってもらえず、また、家中の甘い匂いをカットするには協力なしでは防ぐ事が出来ず、本当に困っています。
そして痛い時には、テレビや新聞をめくる音も気になって、そこまで言ってしまうと、私が居るのが迷惑になってしまう気がしてしまいます。 とこ様より


私はひどい片頭痛で長い間苦しんできました。一番はじめの頭痛の記憶は、幼稚園のときからですから24〜25年になります。閃輝暗点から頭痛、手足のしびれ、吐き気、めまい、このセットが月に4〜5日、時には1日に3〜4回繰り返す事もあるので、回数にすると月に10回以上起こります。
どうしても日常生活に支障の出る時もあるのですが、この様な症状のない、家族や周囲の人々には理解してもらえず、傷ついてしまうことが度々ありました。
「また怠け病が始まった」 「気の持ち様だ!!」 と親類に言われ、学生の頃には親類や近所の人に、そう言われるのがいやな親に、無理やり登校させられ、とても辛い思いをしてきました。
社会人になってからは、仕事に穴を空けてしまうわけにもいかず、「いけない」とは知りつつ、鎮痛剤を多量に飲み続けながら、業務をこなしておりました。同じような悩みを持った方々と情報交換が出来れば、と思います。  みこ様より


私は20歳頃から片頭痛で苦しみ、病院通いをしています。でも先生は、「これは体質なんだから」と言って薬を処方してくれるだけです。いまだに月に何回と襲ってくる痛みには、恐怖感を抱いています。
私の人生は何なの? と自分でも時々情けなくなります。健康でいる友達をみると、羨ましい限りです。
それに頭痛のために使う月々の薬代(漢方薬、健康食品)などは、三万円は支出しています。でも今も同じ状態です。この頭痛友の会があることを息子夫婦が新聞をコピーして、持ってきてくれました。それで私はこれならと思い、頭痛で悩んでいる皆様の情報を知る事ができるだろうと思って、入会を申し込みました。1月14日の片頭痛と付き合う方法のテレビ、それに新聞の記事を見て、今まで情報の少なかった私には何よりの宝物です。また、会報のお便り紹介も読ませていただき、私だけでなく仲間が大勢いるんだと、本当に心強く思っています。  ちこ様より


熱海の一泊交流会や船橋の昼食交流会と、東京の近くにお住まいの方は、うらやましいなあ、と思ったりします。
私の緊張型頭痛は年を重ねるごとに痛みもひどく、一日中、朝より、そして睡眠薬で眠るまで痛みます。病気と気長に仲良く付き合っていきたいと思いつつも、午後三時、四時を過ぎると痛みが増してきますので、うなり声をあげることもあり、主人に炊事、掃除といろいろやってもらっていますが気の毒でもあり、かわいそうな気もします。薬はほとんど効きませんが、デパスを朝、昼、夕、抗うつ薬を朝と寝る前、また睡眠薬を2錠飲んでいます。
一週間前までは、漢方薬を一ヶ月飲みましたが、たいして効果も無く今は飲んでおりません。しばらく通った鍼も、坐骨神経痛にも頭痛にも何の効果も無くやめました。いま、ドクタートロンと言うのに通い始めて4日になります。30分くらい椅子に座っていますが少しいいような気もします。   とく様より


私の頭痛歴はまことに長くて書くのも大変ですが、10代から始まり、市販薬で月に3〜4回でしたが次第に市販薬が効かなくなり(15種類ほど)、45歳くらいから各病院の神経内科、脳外科、眼科、整形外科、ペインクリニックでCT、脳波を調べても異常は無く、”片頭痛”ということになりました。鎮痛剤は2〜3年で効かなくなり、現在は毎朝頭痛がして、クリアミンも効かず、市販薬のイブA錠を飲んでいますが、これも2年くらいで効かなくなるだろうと思うと、怖くてなりません。
鎮痛剤が無いと1日中何もできず、ベッドにごろごろしているだけです。
といって眠れもしません(以前は一眠りすると、さっぱりしていたのですが)。母も姉も共に頭痛もちで、母は80歳代になって軽快したようだったので、私もそれを期待しているのですが、現在のところ、私は全くだめで鎮痛剤に頼る毎日です。   かず様より


会報の、一年間に頭痛に掛かった金額の統計、非常に興味深かったです。おもしろいです。
今度生まれ変わるとしたら(人間に)、頭痛の無い人生をおくりたい!  ゆき様より


お送りいただきました「友の会だより」を読むにつけ、思い当たる事ばかりで、ああ私のような方々が大勢いらっしゃるんだなあ、と心を強くしました。一人で悩んで閉じこもってしまいがちなのでいろいろな情報や、他の方々の声を聞かせていただくのは、とても励みになります。頭痛を抱えながらこのような活動をされるのはとても大変であろうと、思います。
私も長年片頭痛(正確には混合型)に人生を振り回されてきたと思ってしまいがちですが、皆様のお便りを見ていると、私はとてもラッキーだったと思うようになりました。
年に数回程度だった片頭痛が一挙に悪化したのは約10年前、婦人科の疾患で女性ホルモン剤を飲むようになってからです。カフェルゴットを約一年半の間、最大使用量の4倍ほど飲んで何とか頭痛を止めていましたが、そこでアメリカへ留学する機会に恵まれました。ちょうどスマトリプタンの皮下注射が使われ出した頃で、以来ずっと使っています。
またβブロッカーなどを飲んで片頭痛を予防するという治療も、本格的に受けることができました。アメリカ留学の成果は片頭痛の治療を受けられたことであったと思っています。この度、日本でもやっとスマトリプタンの皮下注射が認められ、本当によかったと思っています。 みー様より


先日清水先生に診ていただき、「これで私の頭痛は治るんだ!」 という確信を持つことができました。いつ襲ってくるか分からない頭痛に、不安を抱いていた日々の中にやっと希望の光を見い出せたかのようです。
「頭痛友の会」の存在をこれほどありがたく感じたことはありませんでした。もしこの会がなかったら、今でも一人頭痛に悩み、ちゃんとした医師にも診てもらえず、どんどん頭痛は慢性化していたことでしょう。本当に感謝しております。  みっちゃん様より


長女は中学の頃から毎日のようにセデスを服用し、東京の短大を卒業後就職し、引き続き一人暮らしをしています。頭痛で欠勤し人間関係が悪くなり、結局転職を繰り返しています。娘の頭痛は日常の生活様式やストレスからくるのではないかと思い、現在心療クリニックに通院させていますが、医師は娘の要望どうり、一日三回の2週間分のセデスを処方してくれています。
この薬の量の事と、頭痛持ちの人で会社勤めの方はどのようにして会社勤めを継続できているのか知りたいと思っています(私をはじめ、身近で頭痛で苦しむ人を知らなかった者は、突然の頭痛で会社を2日も休むということを理解できないと思います)。
また、娘は幼少から喘息で現在に至るまで15年以上、喘息の治療薬を服用していますので、それとの関連も知りたいと思っています。  あき様より


先日は五十嵐先生の講演会、および清水先生を交えての交流会に参加して、とても有意義なお話を聞くことが出来、友の会に入会させていただいたことに感謝しています。
あんなにすごい頭痛で苦しんでいる方々がいる事に非常に驚きました。次の日の3月6日、ちょうど定期検診日でしたので、このことを主治医の先生にお話しし、カフェルゴットはなるべく飲まない努力をして、ミグシスを置いてあるというので飲んでみることにしました。またこのような交流会があれば、参加させていただこうと思います。  よこ様より


先日、小田原の間中病院へ行ってきました。遠くて大変でしたが、伺えて良かったと思っています。    ひろ様より


熱海交流会に参加した後、清水先生を受診いたしました。今までの薬を全部中止して先生のご指示に従うと言う事は、うつ病も持っていましたので不安でしたが、もう少し残りの人生、せめて頭痛のない生活をおくりたいと思い、何事もお任せして先生を信頼しました。その点では熱海一泊交流会で清水先生の熱意を心に感じていました。一週間分の薬を頂き、少しの間辛いよ、とのお言葉でしたが、眠れない、食べられない、頭ずきずき、おまけに鼻かぜも加わって、たちまち3kgほど痩せました。その後一週ごとに薬を調節していただき、うつも出ましたが、私の様子では心配ないと言われながら、いろいろ薬を調節していただき、段々自信もつき、5週通って今は2週間に一度になっています。
お蔭様で現在は殆ど頭痛なしの日が多く、もう少し早く先生に巡り合いたかった、としみじみ思っています。清水先生と会の皆様に心から御礼申し上げます。  きちゃん様より


10数年来の頭痛で、ほとんど毎日薬を使っています。神経内科で指導、投薬を受け薬は半分に減りましたが、ベッドサイドには常に2種類の薬(カフェルゴット、セデス)と水を用意し、激しい頭痛に備えております。
診断は群発頭痛の慢性型ということで、夜間は三時頃からずっと痛く、目を覚まして服用、または起床時に始まる頭痛と、毎日が不快な日々です。多くの方が同じ病気で悩んでいることで勇気づけられます。 ひろ様より


会報を読むたびに「頭痛」で悩んでいる方があまりにも多いのには驚かされます。私のまわりではあまり聞かなかったので、何か特別な病気では?と一人で悩んでいました。
病院にちょっと足を運んだのも5〜6年前です。でもあまり効果はありませんでした。私以外にも同じように悩んでいる方々がいて、様々な情報が得られることに感謝いたします。  きみちゃん様より


「友の会だより」を食事の後片付けもせず、一気に読ませていただきました。入会させていただき、本当によかったと思っています。 れい様より


会報を一気に読んでしまいました。適切で専門的な最新情報、とても参考になりました。またずいぶん多くの方が私以上に苦しんでいる事を知り、驚きました。  そのちゃん様より


交流会に出席したいのですが、なかなか仕事の都合がつかず、欠席となってしまいます。「友の会だより」を毎号楽しみにしております。
私は昨年からの環境の変化のせいでしょうか、いままでになく頭痛の回数が増えつつあります。それと風邪がなかなか抜けきれず、ダブルパンチの毎日を過ごしております。  ひさっちゃん様より


友の会だよりに書かれてありました「頭痛薬の飲み過ぎが地獄を招く」 というのが、今の私にぴったりのような気がします。この方のように、強い決意をもって取り組めたら、光明が見えてくるかもしれない、と思いました。いずれにしても頭痛専門の先生と相談するつもりです。
頭痛の人は世の中にいっぱいおられることはドクターからも聞いていたし知ってはいましたが、同じ悩みを持つ方たちの中に入れていただくと、心が和むかも知れませんし、自分だけではないから一緒に頑張ろうとも考えます。  あっちゃん様より


娘が2週間の間を空けて寺本先生の所へいってきました。それまでは相変わらずの頭痛で寝込んでいたのですが、2回目にお薬を調節してくださり、それが良かったのか、カフェルゴットと鎮痛剤は欠かせませんが寝込んだのがたった1日だけで、昨年の7月、発作で入院して以来初めてです。
今までは1週間に3日、毎週のように寝込んでその間もかなり頭痛があったのに、まるで信じられないように元気になりました。良い先生に巡り合えて感謝しております。この調子が続いて毎日の頭痛が少しでもなくなればと思っています。
小学生のときからの頭痛持ち、そんなにすぐ良くなるとは思っていませんが、何とか普通の生活が送れるようになれば、と思っております。会報のおかげで今まで知らなかった頭痛のこと、お薬のことなどいろいろ知ることが出来ました。  まー様より


会報は興味深い情報だらけでした。皆さんの身近なメッセージも載っていて、とても読みやすく何回も目を通しました。   とくっちゃん様より


あたたかくなってまいりました。でも季節の変わり目は頭痛の大敵ですね。外出が苦手な私ですが、気候が落ち着きましたら清水先生の外来を受診しようと思っております。もう少し元気になったら会合にも出席したいのですが。  くっしゃん様より


会報で先生方のお声、皆様のお声を読ませていただきましたら、心強く頭も軽くなった思いで嬉しくなりました。若いときは時折だった頭痛が、最近、毎日痛みまして、近くの開業医の先生にもらう薬も1日1服では効かなくなりました。
会報にあります有名な先生にかかってみようか、と思ったり、よいお薬が近く日本でも発売されるようになるそうで、期待しております。 むっちゃん様より


会報は、まださっと目を通しただけですが、多くの方が頭痛で悩んでおられ、頭痛にもいろいろな型のあることも知りました。
私の頭痛は更年期頃から始まり、当初はそのせいと思っていました。頻繁に痛くなったのは50代後半で、目の奥が痛くなり、嘔吐するようになり、2〜3日絶食状態なのに1日6〜7回吐き続け、しまいに身震いするほどの酸っぱい水を吐きました。これは胃の方からかしら、とバリウム、胃カメラの検査をしても異常なく、人間ドッグに2回入りましたが悪いところはないとのこと、1週間から10日おきくらいにこの状態が続き、もともと細い体が37キロの骨と皮に近い体型になり、お医者様に行くとすぐ「ガン」の検査でした。こう吐くのは子供の頃、持病だった「自家中毒」が出たのかしら、とも思いました。
肩が凝るという自覚はないのですが、首に板を貼り付けられた感じで、後頭部からその後、頭全体が痛くなり、ドクドクと脈打つ痛みも加わるようになり、脳波からCT、MRIの検査も受けました。
60歳の頃、姑が亡くなり、心が緩んだせいか益々ひどくなり頭痛で目が覚め、頭痛で眠れぬため、1日3回のセデスを悪いと知りながら、夜中にも飲んでしまうことも度々でした。知人に漢方医を紹介され2年余通い、ある程度よくなりましたがどうしても痛み止めと縁が切れず、このくらいなら仕方ないかなと思うようになりました。  たっちゃん様より


「友の会だより」は興味深い内容がたくさんあり、隅々まで読ませていただきました。次号を心待ちにしています。  たえちゃん様より


小田原の間中病院で診ていただきましたが、今まで関わってきた先生と違い、群発頭痛についての説明や、専用の薬を調合していただき、痛みが和らいできております。
これからも病院との連絡をとりながら診療を続けていくつもりです。同様な病気で苦しんでいる人がいることを知り、心強く感じております。   けんちゃん様より


長女の高校入試が終わるまではと、気を張っていたつもりもなかったのですが、本当はどこかで頑張っていたのかもしれません。
ここ何ヶ月か痛みが増すばかりで、何もすることが出来ず泣きたいような日々です。薬も何一つ効きません。どなたか一人でも多く回復されることを祈ると同時に私の身にも和らぎが訪れる日の来ることを待ち望んでおリます。  くう様より


先日「全国慢性頭痛友の会」の資料を送っていただき、さっそく拝見させていただきました。想像以上に積極的な活動をされていること、頭痛に悩んでおられる方の多いことに驚いております。
この機会に私も是非お仲間に入れていただきたいと思いますのでよろしくお願いいたします。  みっちゃん様より