お便り紹介
のコーナー      


なかなか交流会に参加できなくて残念ですが、会報はいつも興味深く拝見しています。会員の皆様の頭痛が少しでも楽になることを願っております。  のぶ様より


自営でやむなく仕事を持ったため、毎日が不安です。休めば人に迷惑がかかる、でも毎日続けなければいけない、子供の食事も作れない、自分に腹がたち、本当に死にたい気持ちになります。この痛みさえなければ、とストレスがまたたまります。先日あまりの痛さに「遺言状」でも書こうかと主人に漏らしました。つらいです。  よし様より


横浜の交流会では皆様の話を聞き、とても心が癒されました。会に入会できたことを感謝しております。  のり様より


講演会に行き、清水先生のお話を聞くチャンスに巡り合いました。早速治療をしていただくことになりましたが、清水先生という強い味方を得て明るい気持ちです。ありがとうごさいました。   かよ様より


「友の会だより」大変有意義に読ませていただいており、有り難く思っております。  ひろ様より


「友の会だより」ありがとうございます。一度も出席することができず残念です。会報を読みますと参考になり、嬉しく思っております。   あき様より


いつもご苦労様です。講演会に出席できないので、会報がとても楽しみです。   えみ様より


平成十年の夏に母親が百一歳で亡くなりました。それまでは介護で夜も寝られない日々でしたが、母親が亡くなってから大分ストレスが消えたので、少しは楽になったようです。私は慢性硬膜下血腫で頭痛があるのではないかと、某大学病院で手術をしてから、だいぶ頭痛が少なくなりましたが、頭痛友の会はこのまま続けて行きたいと思っております。  ただ様より


ここ数年、非常に強い頭痛に悩んでいましたが、自分以外にも悩んでいる方が居て、頑張っていることを知りました。これから入会して仲間に入れていただくのですが、できれば文通などしていただける方の紹介などしていただき、より深く交流したいと思っております。もし、私に出来る事がありましたら、少しずつお手伝いできたらと思っています。  ひさ様より


私はこの頃プールで知り合った人より、鍼がよく効いたと言う人の話を聞き、我が家のすぐ近くの医院にて、今日で3回鍼を打ちました。老人保険が利き、その上に長い間の頭痛・坐骨神経痛が軽くなるのが良く分かり、心が弾みます。  とく様より


私は3月から塩酸ロメリジン(テラナス)を処方していただき、大変具合が良くなりました。星状神経節ブロックの注射も止めて、様子をみております。   あい様より


頭痛で悩んでいる人は私だけではないのだと、お便りコーナーを読むたびにほっとするやら、頑張らなくてはと、奮起する次第です。そして、何よりも専門の先生の「頭痛は、れっきとした病気だ。」 との前提の上での、ホットな情報・治療法は、今まで情報の少なかった私にとって、大きな宝物となってきた今日このごろです。会報、毎日心待ちにしてます。   ゆき様より


私の方は、カウンセリング(のようなもの)プラス予防薬でも効果はいまいちで、あまり寝込む程ではありませんが、一日おきくらいに頭痛になります。同世代の友人たちの元気さ、健康さがうらやましくてなりません。   のぶ様より


講演録は特にありがたく読んでおります。勉強にはなっても痛みは治らず、試行錯誤の繰り返しですが、仲間がいることを思うと心強いです。   さな様より


北見の薄荷スプレー使っております。いいてすね。   えい様より


以前は、年間60万ぐらいかけてあちこち行ったこともありましたが、今は、もうそれで治るとは思えず、お金の支出は控えています。  なな様より


以前から通院に疑問を感じておりましたので、去年と今年は病院には行きませんでした。薬もなるべく飲まずに経過を試してみました。   あつ様より


現在は、あまり激しい頭痛はなくなっています。加齢及びマイペースの専業主婦の生活のおかげでしょうか。   きみ様より


私は、朝、5分くらいの入浴(体を温めるだけ)で、朝起きた時の頭痛も治り、元気に一日を過ごすことが出来るので実行しています。例外のときは薬を使います。  しげ様より


今までカフェイン・アレルギーだったためコーヒー類は飲まなかったのですが、思い切って毎日こわごわ飲むようになってから頭痛の回数がだいぶ減りました。これも会報の記事のおかげだと思っています。   ひで様より


「友の会だより」での会員の皆様の話を読んで、大変心強く感じています。各先生方のお話も大変勉強になりました。   とし様より


一ヶ月の半分は頭痛。二人の子持ちなので、凄いのが来ると生活機能が完全におかしくなります。 体が弱いのか? 何かの病気か?  自分・周囲、理解できず、つらいです。この会を知り、みなさん私と同じなのでびっくり。とても嬉しいです。   なつ様より


肩凝りと頭痛に取り憑かれたような日々を送っています。   くみ様より


現在、公立病院の神経内科に月一回通院しています。今で2ヶ月少しですが、痛みの回数が減っています。   めぐ様より


頭痛のおかげで心身共に疲れ果て、病院でもいろいろ考えて投薬してくれますが、なかなか良くならず困っています。朝起きた時より一日中です。   きみ様より


いろいろ試してみましたが、今はノーシンにしております。清水先生の講演録(とっても詳しくて参考になりました)を読み、カフェイン依存症が心配になりましたので、変えなければと思っております。会報はいつも隅々まで読んでおります。  くに様より


最近の急激な気候の変化でしょうか、先週から小刻みに頭痛に悩まされております。今までは一人ぼっちで、痛む頭を抱えておりましたが、入会しましてからは ”皆様は今頃どうかしら”と思うようになり、仲間意識に支えて貰えるようになりました。   あつ様より


私は四月に転勤して以来、前より頭痛が少なくなったと感じていましたが、起こるとやはり薬・注射・坐薬など何も効かず、時間(三日半くらい)を待つしかありません。その間は人格まで破壊されたようになってしまいます。
六月に入って風邪と重なったりして何日も寝込みました。トリプタン系の内服薬(何でもいい、効くのなら)を輸入できないのでしょうか。個人輸入、または会でまとめて輸入など、方法を知りたいです。  ひさ様より

このような要望が時折寄せられますが、会では個人輸入を扱っておりません。
注射だけでなく錠剤も早く使えるよう、折りを見て又当局に働き掛けることを考えたいと思います。



夫の頭痛は相変わらずで、会社も休みがちです。最近、気功療法を施術してもらったり、自分たちでも習っています。なんとか薬に頼らず、自分たちで治したいと思っているのですが、まだまだです。  みき様より


「からだ元気科」拝見させていただきました。片頭痛に悩む人が830万人も居ると聞いただけで、何か「ああ、苦しんでいるのは自分だけではないのだなー」と少し心が慰められます。いい番組でした。
もっとゴールデン・タイムに再放映していただいて、頭痛持ちでない人にも頭痛を正しく理解してもらい、頭痛に対する偏見をなくしてもらうといいな、と思います。  けい様より


私の母は今年の春に精神科のある病院に行き、自律神経の薬を出していただてから頭痛の回数が減り、喜んでいます。母の場合は、自律神経のアンバランスが第一の原因だったようです。体の疲れたような時はまだ頭痛薬が必要ですが、薬の量は以前の10分の1くらいに減っていると思います。こんなことならもっと早く連れて行っていればと、今は思いますが、昔の人間に精神科へ行ったら、と言うのはなかなか勇気がいるようで、今になってしまったのです。  ゆう様より


交流会で知り合った方に紹介されて、骨と筋肉の調整に通い始めましたが、最初は月2回、今では月に1回、通っているうちに目に見えて快方に向かいました。頭痛がおきても、寝込むようなことがなくなってきたのです。悪いところは、主に頚椎のずれ(これは首が細いので、頭を支えるのに負担が掛かって、ずれたと思われます)でした。今は姿勢を正しくして、生活するように心掛けております。
まだ完治とはいかないかもしれませんが、頭痛を忘れて生活できるようになり、こんなに有り難いことはありません。勿論あれから薬も全く飲んでおりません。この一年、頭痛を治すことに専念したことは間違っていなかったと思っております。  みえ様より


私と同じ頭痛の方々(同じ症状)がいらっしゃると分かり、驚きと安心を感じました。そして、友の会だよりによって、薬のこと、症状をどのようにしたらいいか、また自分の頭痛のことが本当によくわかりました。
それ以上に、これからも”頭痛”をわかりたいという強い気持ちでいっぱいになりました。  はる様より


薬が効かなくて、もう一包、又一包と増すばかりです。薬(セデスG等)を服用しない日は一日もありません。過去にジヒデルゴット、カフェルゴット等投薬されましたが、効果はありませんでした。食事の支度もなかなかできず、買物にも行けず、寝込むほどではないですがゴロゴロしている日が多く、夜中に頭痛で目が覚め、主人を起こすこともしばしばです。  えみ様より


胃弱のため頭痛薬が飲めません。病院に行っても頭痛薬が出せないと言われます。毎日ひたすら我慢の日々です。
3年前までは頭痛を知らず、仕事一筋に生きて来たのですが、無理を続けたツケが出たようです。性格的に、寝込むことの方がつらく思われ、なるべく外に(旅行とか日帰りの旅とか、近くの大きな公園に散歩など)出るようにしていますが、それがいいのかどうか?   とし様より


私の頭痛は、「心気症」と言われ、何か不安なことがあったり、物音がしたりすると、呼吸が一瞬浅く速くなってしまい、頭痛や風邪になってしまうんです。主に体を横にしている時になります。病院の先生には、呼吸がおかしくなって頭痛がするなんて、医学的には考えられないから、「心気症」で、思い込んでいるだけだ、と言われました。
こんなふうになったのは、ストレスをため過ぎたせいです。頭痛は軽度〜中度ですが、イライラ感と憂鬱感、劣等感が伴います。頭痛がすると、物事に集中できなくなってしまうので働く勇気がなく、無職でいるのですが、やはり甘えているのでしょうか? 頭痛がしていても働いている方は、仕事に集中できますか?どうか、教えてください。   あさ様より


秋号の「友の会だより」で、清水先生のお話はとても参考になり、何度も読み返しております。今は、良い薬も次々と出てきて、せめて三十年前にこれらの薬に出会っていれば、もう少しやりたい事もでき、楽しい生活が送れたのに、と残念です。  みえ様より


毎回、会報が届くのを楽しみにしております。なかなか長い文章を一度に読む事が出来ないので、少しずつ読んでおります。私以上にもっと大変な思いをしている方がたくさんおられて、それでも日々の生活のため、治療のため、頭痛の認識を深めるため、頑張っている様子に私も励まされます。
私は、中学2年の5月、朝、目覚めると頭の痛みを感じ、以来14年、毎日一日中締め付けられ、ヘルメットをかぶったような痛みと共に生きてきました。また、こめかみの奥まで押されるような痛みも続いています。今後も会員の皆様と共に、自分の人生をあきらめないでよかった、と思える日が来るまでがんばっていきたいと思います。どうぞよろしくお願い申し上げます。  のり様より


頭痛とはなかなか縁が切れないですが、2ヶ月前から思い切って枕をやめて、枕なしで寝始めてから、少し回数が減ったように思います。頭痛薬は飲みますが、坐薬はここ半年くらい全く使わずにおります。40歳を目の前にして少しだけ良い方向に向いてきたので、40歳を過ぎれば治るかも・・・なんて淡い期待を持ったりして自分を励ましているところです。   ひろ様より


師走に入り何かと忙しいところ、写真を送っていただいてありがとうございました。皆様、大変良い顔をして写っておられました。頭痛のない顔をして。私もストレス解消させていただきました。  みよ様より


お写真ありがとうございました。私のアルバムの一ぺージに皆様との思い出として、大切に入れさせていただきます。今日は鼻風邪と眠りが少なくて、辛いですが、全体に頭痛は少なくなっています。 きよ様より